2017年05月24日

新作ブレス『輝ける希望 シリアルNO.VT-230517-01』

DSCN0083.jpg
優しいペルー産のパステルブルーグリーンに癒されませんか?
トゲトゲした日常をちょっとだけ忘れる色彩です。

ポリゴンカットという緩いカットがされています。
ネットショップではシンプルスターカットとか書いてありますが、
本当はスターカットではなく、ポリゴン(多角形)カットです。
ラフなカットなので、タンブルカットを緩く(適当にした)かんじですね。

その自然感が気に入って、購入した素材です。

上級水晶のキラキラ感も全体の宝石感(あくまでも感じ)を高めます。
実はボタンカットの多用は、面倒くさいです。
球体のビーズより、遥かに数が多いですし、
それでいてデザインを崩さずに長さを決定しなければなりません。
何度も仮で作って、調整が必要なわけですね。
(作っている時は賽の河原(さいのかわら)で石を積む感じ…
 作っては壊され、作っては壊され…)
この苦労が、また楽しい&苦しい訳です(単なるドMかもしれませんね)

その苦労の結晶が、この作品という訳です。
希望が見いだせなければ、何もできませんね。
という深い意味での作品名です。

またアマゾナイトはホープストーン(希望の石)と呼ばれるから…。

では、装着!
DSCN0237.jpg
いい加減なカット(ラフと言う意味です)に優しいブルーグリーンと
その模様が癒しを呼びます。
また、夏らしい清々しさもあります。

自分用にも作ろうかな?
なんて思った作品ですね。

アマゾナイトは10oですが、自分のは12oにしようっと!
女性の12oって大きいみたいで、MAX10oにしています。
やはり8oがスタンダードサイズ?(女性)
男性は10oがスタンダードですね。
私の場合、男性用は作りませんから、自分用と言う事です。

では、くるっと!
DSCN0238.jpg
後ろでは、水晶が主役みたいですね。
まあ、どちらをアクセントと見るか、難しい問題です。


それでは今日のVotta-videoはをどうぞ!!

動画の方が、圧倒的にキラキラの感じが伝わります。
また、修正していませんので生の感じがわかると思います。
静止画は、明るさを調整しています。

カメラの事は不勉強ですが、バックが黒か、白かでかなり色合いが変化します。
以前のキャノンも今回のニコンも同じ感じですね。
個人的にはキャノンの方が上手いような気がします。
信者ではありませんが、プリンターもキャノンです。

私の場合、動画やカメラは、本当は追及したくないのです。

何故なら、趣味はアクセサリー作りだから
posted by 空色 零 at 08:13| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

新作ペンダント『ルナフラッシュの大型タンブル、ペンダントヘッド』

DSCN0244.jpg
綺麗なルナフラッシュが手に入ったので、ペンダントヘッドにしました。

ルナフラッシュ:フィルムを挟んだガラスで、強烈なシラー効果が魅力です。
半面、フィルムが見えてゲンナリする…
これが嫌いでした。

しかし、この素材はフィルムが見えにくい(見えない)
素材全体の透明度が素晴らしい!というメリットがあります。
また、あまり見かけない形状(タンブル)なのでレアもの感もあります。

素材は?
DSCN0180.jpg
シラーは、ムーンストーンを意識しているのでしょうか?
     
いい感じの素材を針金細工で…。(下手くそですけどね


では、Votta-videoを!
実はルナフラッシュの魅力(デメリット)も静止画では得られません。
動画で、伝わる真実がある!
何てね←「単なる動画、作りたいだけだろ!ボケ!」(スミマセン
posted by 空色 零 at 17:14| Comment(0) | ペンダント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新作指輪『上質な天然石色々 シリアルNO.VT-220517-02、03、04』

DSCN0201s.jpg
VT-220517-02のオパールです。
ムーンストーンは特別に綺麗だったので単独記事にしましたが、
今回は3つまとめて記事にしました。

まずはオパール、実はラリマーよりも高価です。
今回のはエチオピア産のプレシャスオパール。
赤の遊色効果をメインに緑が若干入る素敵な素材です。
(画像の通り)

今回はSV925の指輪なので高価です。
だいたい、普通のものに比べて2倍
いっや、実の事を言いますと、このサイズのカボションに合うのが、
これしかなかったという次第です

私の場合、石を発見→購入→金具(指輪)探し
という最初からどうなるかわからない方法で、作っているものですら、
何の金具も見つからないという結果にもなります。

しかし、今回は、石自体は非常にオススメできるもの。
赤の遊色効果は、とても美しいです。

装着!!
DSCN0227.jpg
遊色効果も見えますが、オパールの透明感もまずまず、
納得できる素材です。

VT-220517-03ラリマーの指輪です。
DSCN0203.jpg
こちらも上と同じSV925の金具素材です。
ハンマーで打ちっぱなし感のある指輪です。
ラリマーに関しては、何も言う必要がありませんね。

では、装着!!
DSCN0228.jpg
私が装着画像に執着するのは、肌の色との合わせ具合を魅せたいからです。
動画では、それが削除してしまいましたが、復活します。
やはり肌に合うと、どうなるか。
私も知りたいからです。
最終的には肌に着けるモノですから。

壁屋の展示も木製の展示台です。
単なる悪趣味(よく言われます)が肌色に近いから、そうしています。
透明や白、黒、で作ればより綺麗に見えますが、
やはり肌に近い方がいい!と思っただけです。
だっせーデザインと言われておりますが、
何かをやるには何かの理由が存在する。
と言う事実もあるんですね。
まあ、ほとんどがテキトーですけど


VT-220517-04ブルーレース
DSCN0223.jpg
地味ですねえ、上の素材に比べたら、値段も価値も低いものです。
しかし、チベットでは天空の石と言われ、お釈迦様のいる世界?
の蓮の花の色と言われています。
それだけ、神秘的で、優しい色合いがステキです。

指輪金具は、上記のものより豪華ですが、SV925ではないので安いです。
見ているだけで、優しいパステルカラーに癒される。
そんな素材です。

では、装着!!
DSCN0226.jpg
地味と言えば地味、しかし、お気に入りの癒し素材です。

※指輪シリーズは一旦終了です。
理由は色々ですが、展示台も無いし、カボションに回すお金もありません。
それよりも、色々なブレスを作って行きたいのです。
(私の場合はネット購入なので良いものの検索に時間がかかる)
作る方に専念したいからです。
と言いつつ、第二弾からはCZ(キュービックジルコニア)を使って、やろうかなあ。
なんて考えたりして、そういう次に何を作るのかを考えることが一番楽しい事です。

恋と同じですよね。
想像(妄想)の方が現実より楽しい。
そう言う人は、いつでも作家になれます。
妄想を文章に変換=作家ですから
続きを読む
posted by 空色 零 at 10:27| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新作指輪『高レベルムーンストーン シリアルNO.VT-220517-01』

DSCN0189.jpg
綺麗なシラーの出るムーンストーンのカボションが手に入りましたので、
指輪に致しました。
やっとあったシルバー系の指輪です。

かなり良い品質のムーンストーンだと思います。
その分、お値段が…。

DSCN0200.jpg
ムーンストーンの評価は、透明感(透明であるほど高価)
それとシラーの出方です。
今回の素材は透明感もなかなか、シラーはご覧の通りです。

本当はコレクションに加えたいのですが、指輪はオッサンの私には無理ですね

DSCN0222.jpg
透明感もかなりあります。


では、装着!!
DSCN0225.jpg
シラーはこの角度から見えませんが、逆に透明度が映えます。

とても良いムーンストーンだと思いますが、如何ですか?
このように納得のできるカボションが入手できた時、
指輪にしましょうかね。
posted by 空色 零 at 00:46| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

エンドウ豆、ペンダント&イヤリング

DSCN0151.jpg
結局、何も完成しなかった…。
夕食後、ウォーキングから帰ってきて、何らかの作品を作ろうと思ったが、
出来たのは「エンドウ豆」をいじっただけ

あれも、これもと思えば、何もできないのは何故だろうか?
やはり、人間のキャパが低いのかな、いや低すぎる。

ということで壁屋あたりでブレイクしそうな「エンドウ豆」のペンダント&イヤリングです。

グリーンがみずみずしいのですが、豆が…。

と言う事は忘れて、ちょっと変わった変態的なものになりました
まあ、カワイイとキモイは個人の見解によるものです。

それに
DSCN0152.jpg
実は、ほとんどのVottaペンダントは、皮ひもや4oまでのネックレスに通る。
共通品なのです

6oのビーズのネックレスに通るものもあります。

こうやって、ユニット化しているのも、男性的発想でしょう。
いや、生産技術を極めた結果(と自慢)

ユニット化のメリットは、皮ひもやチェーンが1本で済むこと。
いえいえ、色々なネックレスと組み合わせ色の変化を楽しめるというものです。
(楽しんでいませんが…)

とにかく、画像の嫌われ者のマグネサイトターコイズも、
今回のエンドウ豆も、同じ皮ひも、チェーンに付きます。

それがどうした!
そう言われれば、反論できませんが、好きで考えたシステムの一環です。

エンドウ豆、ブレイクの予感です。
タグ:ガラス
posted by 空色 零 at 23:40| Comment(0) | ペンダント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする