2019年09月29日

VOTTACRINO★1192★怪しい色彩、ペルシアンジェード★ブレスレット

以前から狙っていた素材です。

怪しい色彩、青からピンク系の紫ですかね。
本当に好きな色彩です。
しかもバイカラーになっている点も素敵です。

実は、ご紹介したのは12oという自分用のものですが、
壁屋に8oサイズのものを展示したら、すぐに完売しました。

やはり、この魅力的な色彩はたまらないのでしょうか。
少なくとも日本では見かけない素材です(多分)

サイズグラデーションのネックレスを作るべく、
6o、8o、10o、12oと購入しております。
まったく馬鹿ですよね。

これも増税マジックですかね。
まあ、香港からなので関係ないか???

では早速、怪しい色彩を動画で確認しましょう!!


話しは飛びますが、
動画編集ソフトを変更しました!
と言っても今回はそのままですが…。

現在、フィモーラver8.2ですが、9への誘いが多く、ウンザリしていましたので、
MAGIXのムービースタジオ16プレミアムを購入しました。
ベガスを購入しようと思いましたが、PCのスペックが足りませんでした。

色々出来そうですが、今のところ時間が取れないので、進んでいません。
インストール後の確認のみです。

編集上の考え方が、全く違うので戸惑っております。

そのうちに公開(後悔)するかも…。

ラベル:カラフル
posted by 空色 零 at 06:16| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

VOTTACRINO、今年のTシャツ作り(遅いわ!)

今年のTシャツはシンプル&スタイリッシュがポイントです。
DSCN0169.jpg

黒にピンクの蝶、それにロゴというシンプルそのものです。

※ロゴをズーム
DSCN0180.jpg

特に意味はありませんが、作るのが好きなだけです。

消費税前という言葉に踊らされただけです。

※1万円のものを買うと、今なら8%だから800円の消費税です。
10%になっても1000円、その差額は200円。
10万円で2000円
100万円で2万円
1000万円で20万円
だいたいの買い物は1万円以下なので、差額は200円以下…。
焦って買う必要は無かったかも…。

馬鹿ほどよく騙される!
その通り、騙され感でいっぱいです。

数百円の差額なら、別のところで節約したほうが良かったかも…。
posted by 空色 零 at 02:46| Comment(0) | Vottacrino | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルマのコーティングについて、私なりの結論!(自己満足だけ)

家以外で高価な買い物はクルマです。

そんなクルマをキレイに乗りたい!
そう考えるのは普通の事です。

また、洗車やコーティングなんて、答えがありません。
どんな洗剤でも、コーティングやワックスでも、
自分が満足すればOKです。
例え間違っていようと、自己満足の塊です。

ボディーコーティング、実は10年以上前からブリスを使っています。

コツさえ掴めば(何年もかかりましたが)鏡のような美しさをボディーに得られます。

ブリスとか、Gモードのようなコーティングは
「皮膜を育てる!」ことが大事です。
効果1年以上とかありますが、1回で1年でしょうか?
実はよくわかりません。

下の図は、ボディーのクリア層の様子ですが、時間が経つと汚れてきます。
※汚い図で申し訳ありません。
ボディ表面.png
汚れてくれば艶は無くなり、水弾き(疎水の場合は流れ)が悪くなり、
かつ、手触りがざらつきます。

この様になったら、嫌なので、洗車や、
ある程度汚れを取ってから再度コーティングする訳です。

しかも、ブリスの場合、3回以上コーティングしますと、
ボディー表面が鏡のように艶が出て、映像が反射します。
※3回以上は試したことが無いのでわかりません。

こんな感じ
ND-001.png
正直、新車なので、そのせいでより一層綺麗に見えるのも事実です。

そう、逆に言えば、コーティングは新車のうちに!
答えがひとつ見つかりました。

私の場合は、納車後すぐにガードワックス(保護のためのワックス)を落として
コーティングします。
時間が経てば経つほど、上の図のように不純物が表面に付着する訳です。
納車のその日か、翌日にやります。

また、ブリスの場合、完全効果時間が48時間となっていますので、
2,3日間をあけて、さらにコーティング!
これが滅茶苦茶楽しいです。

それを3回すると、こんな感じ
ND-002.png
完全にクリアー層が分厚くなっているような気がします。
何れにしても、透明部分が多いということは、鏡のような感じになります。

ブリス11.gif

正直、マツダの純正コーティングのほうが綺麗かもしれません。

しかし、自分で施工することによって、ノウハウが溜まる訳です。
何事もノウハウ重視です。
やってみないことには、答えが出ません。

それに、面倒くさい!との戦いです。
戦いを放棄するか、立ち向かうか!
それも自由ですが、経験は何よりも強い武器です。

仕事にも生かせる!ことも多々あります。

といい事だらけのようですが、結構馬鹿にされているのも事実です。
posted by 空色 零 at 02:33| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

Gモード、ホイールに使っています!

せっかく車が綺麗でも、ホイールが汚いのは嫌ですよね。

私はGモードを使って、ホイールとか、
ガラスコーティングの困難な場所、トランク内側の溝やドアの部分などに使用しています。

洗っただけでコーティング、嘘のようなインチキ商品も多い中、
Gモードはホンモノです。

発売以来、ずっと使用していますが、今回はボディではなくホイールに施工(洗車)しています。

また、洗車前は完全に脱脂してから、(一番最初だけ)行っています。
工程としては「脱脂」→「ブリス」→「Gモード」です。
これで数年(車売るまでは)Gモードだけ使用します。
※ちなみに皮膜は剥がれません。(多分)

効果はバツグンです。

今回は水の流れに注目してくださいね。

これで、ブレーキダストとか通常の汚れは高圧禅譲だけで、かなり落ちます。
勿論、洗いますけどね。

では早速、動画で効果を確認しましょう!!

水がスルスルと流れ落ちます(疎水性です)

正し、表面が綺麗な時だけです。
汚れが付いた時は、まだ綺麗にすれば元通り、
これで前車のデミオは、ホイールだけは新品同様(ボディもですが)な感じでした。

ポイントは、新車すぐにガードワックス等の不純物を除去してから、
洗車(施工)すれば、最高です。
とにかく不純物の除去をしないで施工すると、
納得いかない結果になります。

また、コーティングは取れない(剥がれません)ので、
徐々に蓄積していく感じです。

ガラスコーティング(ブリス)の上に施工すると、
ブリスとは違った輝きになってしまいます。
※輝きの違いに気付かない、わからない人はOKですが…。

今回はガラスコーティング本来の輝きを維持するために
ボディはブリス、ホイールはGモードと使い方をわけました。

まあ、正直、どうでもいい情報です。

洗車には正解がありません。
自分の気に入った方法や素材を使用して、自己満足すればOKです。

私も何十種類も行ってきましたが、辿り着いたのが最近(と言っても6年以上前ですが)
それから、方法は変えていません。

洗ってコーティング、夢のような、またインチキのようですが、事実のようです。


posted by 空色 零 at 08:39| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

NDロードスター、白内装は失敗かも!?

お洒落なイメージで白い内装にしましたが、
ちょっとダサダサかも???

本当はデミオの革のように、白一色のシートにしょうと思いましたが、
NDロードスターの場合、メインの内装色は「黒」なので、
ツートン的な(白と黒)を狙って、デザインしましたが、ちょっと失敗かも…。

ただし、シート地の座面と背面はディンプル加工にしましたので、
間違いなく純正ファブリックより滑りません。
「へえ、ディンプルって結構効くなあ!」
なんとなく感心しました。

勿論合皮ですし、オフホワイトなので、ゆっくりベージュになります(笑)
※合皮は関係ないか。

また完全にフィットしているところ(パーツ)と
ちょっとね!という感じのものがあります。

シートは純正のファブリックを剥がして装着!
こちらはフィット感も申し分なし。

ドアの内張も同様です。

しかし、フロント部分はスタートボタンの穴が、ちょっとねえ。
なにかリングのようなものをつければ、正確な円を表現できそうですが、
まあ、この辺で終了です。

本日到着&一部自分で取り付けしていますので、
時間不足で、いい加減な動画です。


本日は相模原から圏央道を使って厚木まで、
それから下道で小田原に帰ってきました!
約2時間でした。

やはりロードスターは下道(一般道)がいい感じです。

なんとなく坂道発進が多い道を選んでも、全然苦にはなりません。
むしろ面白いかも…。
というか自然に出来ますよね。
平地でも、なんとなくサイドブレーキ使う癖までつきました。

いやあ、何度も書いてごめんなさい!

絶対にマニュアルがオススメです。

女性や老人がホイホイと気安く運転できる感じです。
男なら、マニュアルのほうが絶対に楽しいです。
楽しさの99%は、マニュアルの操作です。
パドルシフトとは全然違いますよ。
また、遅いか速いかで言えば「パドル」かもしれませんが、
楽しさは間違いなくマニュアルです。
楽しさ&気持ちいいのは、間違いありません。
特に高速では6速固定なので、ATと変わりがありません。

マニュアル嫌いのポイント
坂道発進⇒簡単です。
高速では、6速入れっぱなしなのでATと同じです。
信号待ち、渋滞⇒実は面白い。それに身体が勝手に(自然に)動いてきます。

何か特別の事情が無ければ、
私は強くマニュアルをお勧めします。

それにしても、面白すぎ、ヤバいかもしれませんね。
私の場合、時間的制約がありますので、長時間は無理ですが、
遠回りや、遠い店に行きたいと思います。

買って良かったロードスター、
今のところツーシーターも、積載量も問題は出ていません。

posted by 空色 零 at 22:53| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする