2019年11月15日

NDロードスター、野ざらし駐車と塗装面の劣化について

なんでもそうですが、劣化します。

人間だって、クルマだって…。

私のように毎週洗車していますが、すでに劣化が始まりました。

洗車は何十年もやってきているから、わかっていたのですが、
原因は、
【屋根なし駐車】です。

屋根が無いと、雨が降ってもそのまま、雨に含まれた不純物がボディーを襲います。
また、コーティング等も無敵ではありません。
何かで流れ出したり、ワックスなんて1回の雨で流れ出します。
(油ですから、当然です)

家の次に高い買い物であるクルマですが、
なんともひどい扱いを受けているのがほとんどです。
お金のある人は、買い替えれば良いのでしょうが、
貧乏な私にとって、出来うる限り最高のメンテナンスをしていきたいです。

ということで、どんなに綺麗に見えても、実は汚い!
というのが今回の動画のポイントです。

そんなに汚いのか?

だいたい、多分99.9%の人が私のクルマを綺麗だと言いますが、
本人は納得できません。
洗車的潔癖症ではありませんが、日々劣化している感じがなんとなくたまらなく嫌です。

今回はボディー表面はブリスだけ、いつもはGモードを使っていますが、
劣化の結果は同じです。

そりゃそうですよね。
原因はボディー表面の不純物ですから。
表面はツルツルがBESTです。
ちょうど子供と老人の肌のような関係です。

わかりにくいですけど、野ざらし駐車のボディー表面の劣化を動画にしました。


これを気にするかどうか、また、対処法は削るだけ(コンパウンド等です)

ということで、来年は屋根付き駐車場に移動します。
(遅いかも)
ラベル:洗車
posted by 空色 零 at 11:18| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする