2020年01月16日

NDロードスター◇6カ月点検前の洗車

ディーラーで洗車してもらったことがありません。

訂正。間違えて1回だけあります。

洗車の醍醐味、
そりゃ反射光です。
反射した映像が好きなので、青いクルマが多いのです。

空に浮かんだ雲が、最も自然に見える色だから。

そんなのどうでもいいですよね。

私としては、記録としての動画。

まあ1年くらいは、大体綺麗ですが、それ以降は下り坂です。
そんな記録を定期的に撮影していくつもりです。

今回は初回6か月点検でしたが、
1年点検、2年点検とどう変化(劣化)していくかの記録です。

洗車は、最初が肝心、ガードワックスを放っておくと、
あとで取り返しがつきません。
面倒くさい人は、マツダのゴールドコート?(多分こんな名前)
がオススメ、めっちゃ綺麗です。

苦労が無ければ意味が無い!
というドM的私のポリシーですから、自分でコーティングする訳です。

ボディ表面が劣化した時、メンテの仕方が、
わかっているので対処可能です。
ある意味、メーカーのコーティングはブラックボックスに近く、
取説にあるがまましか出来ません。

洗車に限って言えば、もう十年も同じ方法でやっていますので、
実験的洗車ではなく、同じように施工するだけです。

勿論、ケミカル剤は日々変化していますので、
その時々の最適なもので使用しております。

例えばガラスコーティングブリスでも、
初期の名も無きブリスから、ブリスX、ブリスNEO、ブリスRSという感じで
変化しておりますが、ブリスを使用しているのは十年以上も変わっていません。

ということで実験的洗車(あれが良いとか…)ではなく
いつもの洗車となるわけです。



色々と反射した映像を見てボディカラーを決めましたが、
不人気色のエターナルブルーマイカが自然な感じで、
私的には好印象でした。
勿論、好みによりますが…。

★NDロードスター運転のしやすさ★
実は、マツダ史上、最強ではないかと思います。
NAではボロさ(失礼)しか感じ取れなかった私は、NDは最高だと思っています。
身の丈にあったエンジンや大きさ、シフトなどは楽しいとしか感じませんね。
乗り心地は異常なくらい穏やかです。
逆に攻めるものではありません。
まったり、ゆっくりが基本です。

また、3速で発進しても、なんとなく走ってしまいます。
エンストしないんじゃないか!
そんな感じです。
絶対にマニュアルが楽しいですよ。
左手、左足が勝手に動きます。
もっと動かしてみたい!
なんて感じることも…。
ですから高速走行は嫌いですね。
だって6速で踏んでいるだけ…つまんない。

自動運転で運転はヘタになり、ある意味馬鹿になりそうです。
あまり自動にすると下手になりそうです。

例えばカッター、指を切るので使用禁止。
これではカッターを上手く使えません。

ハーモニカだって、難しいので廃止ですよ。

伸ばすのではなく、馬鹿になるだけ。

そう思うのは私だけでしょうか???
posted by 空色 零 at 20:36| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOTTACRINO★1214★グリーンミルキーフローライト★ブレスレット

白濁したフローライト、激レアです。

今回のものはグリーン系(その他、パープル系もあります)
なんとなく石の中に何かが見える感じが好きです。

その見えるものは???

感性と想像力に任せます。

私的には、アイスラリマーのグリーン系のような色彩だと思っています。
同じようにペクトライト(ラリマー)に石英が混じり、
アイスラリマーになるのですが、今回はフローライトが混じっています。

フローライト、色々な色彩がある天然石ですが、白濁したものは滅多に現れません。

ちなみに今回のものは12年やっていて初めて見たものです。



正直、シェブロンアメジストなどのように石英が混じったものは、
安価でビーズになりませんでした。
ところが昨今、レアものということで、今まで捨てていた石がビーズに加工されるようです。

まあ、そこに飛びつくのは私のような馬鹿だけですが…。

天然石も、高価なものを除いて、ほとんど購入して所持していますから、
飽和状態なんでしょうね。
製作意欲も失せていきます。

そういう時に、レアものを見つけると、
何だか嬉しくなる。

充実した幸せは、幸せと感じない。
本当はみんな幸せなのに、他人を妬んだり、憎んだり…。
些細な幸せに麻痺している。
と感じるのは、私が馬鹿だからでしょうね。

心理の裏読み、思い過ごし、妄想とも言います。
ラベル:フローライト
posted by 空色 零 at 07:52| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする