2017年05月23日

新作指輪『上質な天然石色々 シリアルNO.VT-220517-02、03、04』

DSCN0201s.jpg
VT-220517-02のオパールです。
ムーンストーンは特別に綺麗だったので単独記事にしましたが、
今回は3つまとめて記事にしました。

まずはオパール、実はラリマーよりも高価です。
今回のはエチオピア産のプレシャスオパール。
赤の遊色効果をメインに緑が若干入る素敵な素材です。
(画像の通り)

今回はSV925の指輪なので高価です。
だいたい、普通のものに比べて2倍
いっや、実の事を言いますと、このサイズのカボションに合うのが、
これしかなかったという次第です

私の場合、石を発見→購入→金具(指輪)探し
という最初からどうなるかわからない方法で、作っているものですら、
何の金具も見つからないという結果にもなります。

しかし、今回は、石自体は非常にオススメできるもの。
赤の遊色効果は、とても美しいです。

装着!!
DSCN0227.jpg
遊色効果も見えますが、オパールの透明感もまずまず、
納得できる素材です。

VT-220517-03ラリマーの指輪です。
DSCN0203.jpg
こちらも上と同じSV925の金具素材です。
ハンマーで打ちっぱなし感のある指輪です。
ラリマーに関しては、何も言う必要がありませんね。

では、装着!!
DSCN0228.jpg
私が装着画像に執着するのは、肌の色との合わせ具合を魅せたいからです。
動画では、それが削除してしまいましたが、復活します。
やはり肌に合うと、どうなるか。
私も知りたいからです。
最終的には肌に着けるモノですから。

壁屋の展示も木製の展示台です。
単なる悪趣味(よく言われます)が肌色に近いから、そうしています。
透明や白、黒、で作ればより綺麗に見えますが、
やはり肌に近い方がいい!と思っただけです。
だっせーデザインと言われておりますが、
何かをやるには何かの理由が存在する。
と言う事実もあるんですね。
まあ、ほとんどがテキトーですけど


VT-220517-04ブルーレース
DSCN0223.jpg
地味ですねえ、上の素材に比べたら、値段も価値も低いものです。
しかし、チベットでは天空の石と言われ、お釈迦様のいる世界?
の蓮の花の色と言われています。
それだけ、神秘的で、優しい色合いがステキです。

指輪金具は、上記のものより豪華ですが、SV925ではないので安いです。
見ているだけで、優しいパステルカラーに癒される。
そんな素材です。

では、装着!!
DSCN0226.jpg
地味と言えば地味、しかし、お気に入りの癒し素材です。

※指輪シリーズは一旦終了です。
理由は色々ですが、展示台も無いし、カボションに回すお金もありません。
それよりも、色々なブレスを作って行きたいのです。
(私の場合はネット購入なので良いものの検索に時間がかかる)
作る方に専念したいからです。
と言いつつ、第二弾からはCZ(キュービックジルコニア)を使って、やろうかなあ。
なんて考えたりして、そういう次に何を作るのかを考えることが一番楽しい事です。

恋と同じですよね。
想像(妄想)の方が現実より楽しい。
そう言う人は、いつでも作家になれます。
妄想を文章に変換=作家ですから


早速、オパール、売り切れました。
ありがとうございました。
posted by 空色 零 at 10:27| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。