2019年11月08日

VOTTACRINO★1203★色彩の魔術師★クォーツァイト★ブレスレット

石の世界は難しいです。

ペルシアンジェード?
日本語に訳すとペルシア翡翠??

でも翡翠ではありません。
通常、思っている翡翠は糸魚川のように日本では硬玉と呼ばれるもの。
英語ならジェダイド(スペルは調べてください)
ですから、妙な感じになっています。

海外ではただの石はジェード、日本語訳は翡翠です。

これが誤解の産物。
詐欺の元です。

今回はバイカラーに染色されたクォーツァイトです。
また、子供っぽいとか言われそうな素材ですが、
実際に海外では高評価かもしれません。

色彩的には、素晴らしいのひとことです。
日本人は、妙なところに拘り、真実が見えない人がほとんどで、
本当の日本人は一握りです。
真実ではないことを真実だと思い込む!
これがほとんどの人々です。

とまあ、とにかく色彩豊かでカワイイ作品を作りました。

あまりの楽しさに作り過ぎですので、壁屋に展示しますね。


染色って嫌いですか?

でもほとんどの天然石は染色です。
ローズクォーツ、ラピスラズリなどは染色のオンパレード…。

ですから、私も染色、天然色と書きたいのですが、よほど自信が無いと書けません。
日本人だけかも知れませんが、天然か人工かは素材の分類です。
世界の基準では染色されていても、天然石が主体なら天然。
人工石が主体ならシンセティックです。

ほとんどのお茶やコーヒーが染色されているのには、何も言わないで、
石には文句をつけるなんて、ちょっと石が可哀想です。

私の場合は、創作のポイントは色彩が主体です。

染色でも素晴らしい色彩は、私にとって素晴らしい素材なのです。
ラベル:カラフル
posted by 空色 零 at 11:03| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。