2017年11月26日

シミ最終決戦!カソーダの活躍

実は、顔が酷い状態です。
かさぶただらけです。

以前より気になっていた顔のシミ、
テストも兼ねた自作カソーダを使用して、
最終決戦の途中です。

まず、カソーダの原理。
薬品名?は重曹です。
しかも、お掃除用ではなく、化粧品用のもの。
アルカリ性の粉で、ヒマシ油で混ぜて使います。
前にも書きましたが、重曹2:ヒマシ油1が理想的みたいです。

作り方は、まず、カップ(弁当のおかず用紙製)に
ヒマシ油を適量、そこに重曹を加えクリーム状になるまで攪拌(楊枝等で)
完成します。
ユルイと顔じゅうに流れ出し、固いと上手く乗りません。
ですから、私はクリーム状の様子を見て判断しています。
重曹の手加減で調整します。

それをシミ(私の場合、テストですから老人性いぼやほくろ、黒ずみなどにも)
塗っていきます。
なるべく他の部分につかないように!

現在、5日ほど経ちましたが、ほとんどが、かさぶたになりました。
昨日、風呂でぽろっと取れたら、下にシミが無い。
根気よく続けてみます。

さて、顔にやっていますが、オススメできません。
何故なら、かさぶただらけで、汚いからです。
確実に塗ったところがかさぶたになるので、妙な病気だと思われます。
まあ、細かいところも、ほとんど塗布してありますから、
鱗のようです。

塗るとチリチリして、私は心地よいです。
朝晩きっちり塗って5日目で、ほとんどがかさぶたに。

最初に塗ると、若干赤くなり「こりゃヤバイ」と思いましたが、
数日でかさぶたになりました。
流れとしては赤→茶→かさぶた、ここまでで5日ほどです。
非常に目立ちます。
近所のお店に行ったら、ジロジロみられました。
約2週間とありましたので、多分、取れる筈。

まあ、最終決戦ですから、これでダメならやりませんけどね。

顔には絶対におススメしませんし、やめた方がいいと思いますが、
塗っておくだけで、ぽろっと取れれば最高ですね。

それにしても効果が出るまで2週間でしょうから、相当長い時間です。
1か所だったら、バンドエイドでも貼って誤魔化せそうですね。

これで成功したら、非常い細かいシミを一気に除去します。

最後に、カソーダは強力なピーリングです。
時間がかかるピーリングです。

おススメはしませんが、面白い実験と思えば価値はあるかも。

posted by 空色 零 at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

シミとの闘い最終章

顔のあるシミって嫌ですよね。
大きなシミがあると、そこに手が行ってしまう。

只今、シミ取り実験中です。

ですから、顔がとんでもない感じになっております。

私が、使っているのは「自作カソーダ」です。
カンタンに言ってしまえば「重曹」のアルカリ性と、
肌の弱酸性を反応させ、ピーリング効果を出すものです。

勿論、全て自己責任です。
痣になっても、自分のせいです。

だって、自作ですから。

ネットで調べると、重曹とヒマシ油を混合、
クリーム状にしたものを幹部に塗布。
だいたい1~2週間で、ぽろっとかさぶたになって採れる。
というものです。

イボやほくろにも効果ありと、書いてありました。
(肌がボロボロになるという報告もあり)

これは面白そう。
ということで、顔じゅうの細かいシミ(老人性いぼ?)を徹底的に
攻撃しています。

実は三日目で、茶色になってかさぶたみたいな感じになったものもあります。

重曹が効果の本体で、バインダーがヒマシ油です。
1:1と言う人もあれば、2:1と言う人もある。
1:1ですと粘度が低く、垂れます。
ですから、私は目一杯の重曹比率にしています。
要はクリーム状になって患部に塗布できればOK。

画像は汚いので控えますが、
3日目で茶色に変色したものや、固く少し盛り上がった(老人性いぼ)は
柔らかくなってきました。

オススメは出来ませんが、効果はありそうとだけ、ご報告いたします。

塗布すると、ピリピリして心地よいです。

実は実験なので、イボ?、ほくろ、シミと
3種類のものに塗布してあります。
別にホクロはどうでもいいんですが、効果を確認したい!
という科学者魂ですかね。

ちなみに重曹は最高級化粧品を作るものを使用しています。
お掃除用は、間違いなくアウト見たいですね。

お値段は、両方で600円ほど。
メチャクチャ安いです。
売っているところは、調剤薬局にしかありませんでした。

さて、効果は?
それとも顔が悲惨に?

あと2週間は続きそうです。
posted by 空色 零 at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

シン・ゴジラ、やっとVTR見終わりました。

録画して、あとから見る。
早送り、見ないものもある。

シン・ゴジラ、色々とネットで出ていたので、やっと拝見しました。

評価?
娯楽映画としては、意外に面白かったです。
酷評の意味が分からない。

エヴァ風ゴジラ、いや、ゴジラでエヴァの再現。
何れにしても、エヴァとほぼ同じですね。
安心して拝見しました。

カット割り等、初期のエヴァそっくり。
監督の頭の中には、エヴァが固定されているんですね。

これは強みでもあり、弱みでもある。
それに石原さとみの高演技に驚きです。
実は彼女、CMでしか見ていませんが、流石にCMの方がきれいです。

しかし、これはエヴァの実写版が作られたら、
ミサト役ができそう。
と私は感心しました。

炎の中のゴジラ、
エヴァでも暴走するシーンとか、似ています。
(というか同じようにみえました)
自衛隊ヘリとの闘いは、最初の使徒の航空機に似ています。
とにかく、エヴァ風のゴジラ=シン・ゴジラだと私は思っています。

近年の日本特撮映画の中では、最高傑作ではないでしょうか。

また、予言として、しばらくして人気が出る作品です。
意味不明が解けてくるからです。

小田原に住む私としては、箱根の登場を期待したのですが…。
庵野監督はアニメのトップをねらえ、
エヴァンゲリオンと箱根を出しているので、
今回も箱根を期待していましたが、箱根好きでは無かったようです。

この映画の人気が出るには、もう少し露出し、(何度も放送)
皆さんの中に入り込まなければなりません。
人気が出るか、どうかは、この露出にかかっていると考えてもいいでしょう。

シン・ゴジラの私の感想ですから、皆さんとは意見が違うのは当たりまえです。
同じ意見だったら、この世界は必要ないですからね。

駄作と捉えるか、面白いと思うか、それはあなた次第なのです。
音楽が好きな人もいれば、勉強が好きな人もいる。
そうやって、世界は作られているんだなあ、と実感したりしました。

とにかく、私的には面白かったです。
posted by 空色 零 at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

海が綺麗だったので、動画にしました(暇人ですね)

海が綺麗だったので、望遠で撮影しました。
風のせいでしょうか、ぶれています。
三脚で撮影しましたが、超望遠なので、こんなものでしょうか。

家の窓から見える相模湾がこんな感じです。
まるでダイヤモンドのようですね。

最強のキラキラとド下手の撮影をお楽しみください!

素材にするつもりでしたが、早速、テキトウ動画にしてみました。
何の意図もございません。

ただ、キラキラを見せたいだけ?

単なる変態ですから。
posted by 空色 零 at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

家族中で話し合って、劣化が激しい商品は???

今まで愛用していたが、劣化が激しく、最近辞めた商品は?
長年、愛用していたが、マイナーチェンジ、もしくはコストダウンで、
性能が出ない。味が落ちた。
というものが2点有る。

まずは、崎陽軒のシウマイ。
これは昨年から購入しなくなった。
実はそれまで、2回〜3回/月の利用者だった。
ちなみに家は、特選シュウマイの話だ。
ノーマルのシウマイは、玉ねぎ感が多いらしく、
両親には不評だったので特選を食べていた。

ところが、昨年?の値上げと共に味が激マズ。
母親はホタテが激減してうまみが減ったと言っている。
正直、家族全員が「マズイ」と思い、それからは食べていない。

勿論、これは家の話で、うまくなったという情報もあるかも知れない。
高くなって不味くなったというのが、家族の評判だ。
ご自分の舌で確かめる方が良い。

次は、アンファーだ。
シャンプー=スカルプDだと思っていたが、最近のマイナーチェンジで、
製造方法もコストダウン。
女性用、男性用共に下請けで作られているらしく、分離している。
(濃い部分と水っぽい部分がある)
勿論、ダイヤモンド会員なので、それなりに購入している。
以前のパッケージ(ポンプ)は最後まで同じ感じで出ていたが、
それもままならない。
色々な所で、コストダウンが図られている。
家族中が、中止し、現在はコラージュに乗り換え完了した。

このようにヘビーユーザーでも、商品が悪くなれば、すぐに離れる。
これが資本主義の世界で、恐ろしいものだ。

まあ、1家族の嗜好で、企業がどうこうなるとは思わないが…。



posted by 空色 零 at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする