2019年10月04日

モルタル造形、再び!妄想中!

ちょっと忙しくて、何もできません。

というのも庭が手に入りそうだからです。

それもクルマ4~6台分もの大きな庭です。

元来、UDAWAYAで小屋を建てる予定地が、やっと自分のものになりました。
長い年月でした。
※いや最初から自分の土地でしたけど…。

さて、その広大な?庭をどうするか?
悩みますよね。

駐車場は、ロードスター1台だし、勿論、小屋制作は中止しましたので、
セルフフリマ会場にしようと考えております。

また、「庭って自分で作れない?」
という嫌な妄想が出てきました。

確かにガレージや地面など、プロの舗装やコンクリートなど魅力的で
仕上がりも美しいものです。
その反面、お金も相当かかります。

それになんと言っても、庭を作るチャンスなんて一生に一度ですよ。
本業でもないし、ネット情報と職人さんの手法を盗む!
というだけで作ります。
(挫折しなければ…)

最終的には、駐車場にもなり、セルフフリマ会場にもなる
VOTTACRINOの最重要拠点にしたいわけです。
すべてはアクセサリー作りの為ですが、
その為に庭を作る人が何人いるのでしょうか???

馬鹿そのものですよね。

急に湧いて出た話なので、現在思考停止中です。
といっても職人さんの石の目地のコンクリートの埋め方など、
近くの作業場をチラ見しています。
「ほお、なるほど、こういう棒で目地をやっているんだわ」
なんて、数秒見ただけで出来たつもり…。
痛い目合いそうです。

さて、数年前から構想(妄想)していたようにモルタル造形を多用したいと思っています。
実は、フェンスや舗装、ガレージだけなら、本職のほうが安いかもしれませんね。
それに仕上がりは綺麗!
しかし、個性がありません。

デザインする!
これは何でも同じです。
元々機械の設計をしていましたから、
英語に直すとマシナリーデザインです。

庭を和風か、洋風か、はたまたジブリ風か、昭和初期風などなど夢は膨らみ過ぎです。
そして、その庭は毎年、テレビ中継されます。
何故って??
国道一号線沿いですので、駅伝の時に映っています(一瞬ですが)

ということで、強烈な妄想時間のはじまりです。
デザイン、妄想のひとつで、妄想を具現化する人間として最大の楽しみです。

大きなことを言っても、本当に出来るかは来年を待つしかありません。

それにしても具体的イメージが湧かないなあ…。続きを読む
posted by 空色 零 at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

VOTTACRINO、謎のプレゼント?

プレゼント用にもらったら困りそうなものを選びました。

フリマ等で購入して頂いた、
お客様やなんらかのお礼、嫌がらせ?に使用するために
クレイポリマーの食品?チャームを購入しました。

なんと100個入りです。
ほとんど無駄になりそう…。

割れているものも数点ありましたので、95個くらいでしょうか。
まったく馬鹿ですよね。

こんな感じです。
DSCN0140S.jpg
よくわかりませんよね。

多少ズーム
DSCN0141S.jpg

食品系(お菓子系)に顔つきのものもあります。
普通はいらないものですが、私のプレゼントとしては最適!!です。

勿論、このままではいけませんので、ストラップ調にする感じで
DSCN0142.jpg
こちらも購入しました。
勿論、100本入りです。

なんの得にもなりません。

嫌がらせ的なプレゼントかもしれませんが、
ちょっとカワイイのも事実です。

さて、ちょっと付けてみますか…。

金銭的には大損ですが、面白さは満点です。
posted by 空色 零 at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

来年は、色々と出来そうな年になる!

UDEWAYA時代からの夢、ちょっとカタチは変わりましたけど、出来そうです。

そのひとつが、ガレージセール…。
自宅フリマとでも言ったら良いのでしょうか。
自宅前でフリマが出来そう。

そもそも、UDEWAYA時代には小屋を設計(完了しております)し
自宅に建てまして、ギャラリー的何かをやろうと思っていたのですが、
難問にぶち当たり数年停止状態でした。

しかし、今回、何となく進みそうな感じです。

カーポートのロードスターの前で、
フリマ用のテントを張って、フリマ的な何かを来年出来そうです。

気の長い話ですが、急速に進展中です。

★小屋にしない理由★
これは税金対策です。
というか、全く赤字ですけど、商売とみなされてしまいます。
固定販売はダメですよね。
ところが家の近所では玄関の前によくミカンなどが売っていますし、
カンタンなフリマを駐車場でやっています。
それらには税金はかかりません。

勿論、生活が出来るとか、高級車が買える…。
なんて程遠い話です。
丸一日頑張っても、せいぜい1本、これでは生活はおろか人件費も賄えません。
(勿論、材料費なんて全く赤字です)

それでもやりたいのは、作りたい!という欲求からです。

何故か、進行するのは「夢」を叶える力が私にはあるようです。
いや、本当は自分の夢が叶うのではなく、予知予言のたぐいかも知れません。

それに何故か、「助っ人」的な人間が現れるのも、
単なる「運」だとは思っておりません。
何かの「力」がそうさせている!のかもね。

気が早いですが、来年は自宅フリマです。
色々と準備しなくちゃ。
いやいや、心の準備ですけどね。
posted by 空色 零 at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

圏央道は凄すぎ!色々な意味で…。

初めて圏央道に入りました。

勿論、目的はロードスターのカスタマイズです。

私は小田原厚木道路から行きましたが、煽られっぱなしです。
法定速度を遵守する私にとって、
「馬鹿じゃねえの」
というくらい酷い感じです。

まずは黒のマツダCX-5、小田原厚木道路は現在工事中で
片側一車線の区間があります。(結構あります)
そこで、トラックの後ろを走っていたのですが、
ベタ付けされました。

「おいおい、前が混んでいるのだから…。」

本当に馬鹿なのか、気が狂っているのか、
何れにしても、煽り運転は多々あります。

そのCX-5も2車線になると150km/hくらいで抜いていきました。
制限速度は70q/hです。

厚木から圏央道に入ると、トラックが結構多い。
まるで電車のように連なっていますが、
煽りというか、車間が無い運転です。
80km/hでの(混んでいるので70km/hから80くらいです)
何かあれば、こちらはオープンなので必ず死にます。

とまあ、テレビで言われる悪質な煽りは無いけれど、
無用な煽り、馬鹿じゃないの!と思われる車間距離は多々あります。

まあ、こちらは1500ccですから速いわけないでしょ。

私も過去に、速いクルマに乗っていましたが、煽りなど眼中にありませんでした。
スマートに抜いていく、そんなことが出来ないお馬鹿さんばかりになってしまったようです。

特にエアガン…。
子供じゃねえのか、と家族中で大笑い。
「40過ぎて小学生並みね」
母親も大笑いです。
被害に遭われた人は笑い事では済まされないですけど…。

幼稚と自由は違います。
日本も成熟した国ではなく、
幼稚な下等国家に落ちぶれたという感じすらしました。

同じ日本でも、私の住んでいるところとは(住んでいる人間たち)大違いです。
何故だか、日本を感じさせない幼稚な世界がまん延しているんだなあ!と
実感させられた1日でした。

また圏央道は、めちゃくちゃ便利です。
今まで半分の時間で到着しました。
※小田原⇒相模原約1時間強でした。
帰りの電車より早かったのは驚きです。

ひとは解放されると、
秩序を守る者と自由と奔放とを理解できない者とにわかれる。
個人が奔放を求めれば社会は混沌に飲み込まれる。
というのが過去から現在の人間の歴史です。
最後は、皆混沌で消滅ですから、仕方ないか…。




posted by 空色 零 at 04:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

自動車保険の車種変更は1分くらいで終了しました!

※デミオ最後の洗車をしてきました。
というのもありますけど、クルマ内のゴミの片づけがメインです。
ゴミというのも、洗車道具や洗剤の類が多数入っています。
これらを最小限にして引き上げ、
明日の納車時にロードスターのトランクへ移します。
着々と準備は進んでおります。

3年から4年で車を替えています。

自動車保険はチューリッヒですが、
ネットで数分で車の入れ替えができます。

また、確認したところ、車の入れ替え日に
どちらの車で事故しても保証できるそうです。
(電話で確認しましたが、本当にそうなのか半信半疑です)

例えば納車に行くときに前の車で事故
帰りに新車で事故
両方に保証できるみたいですね。
(まあ、事故には遭わない方が良いですけど)

また、事故の場合、クルマ(修理)や人間の保証はありますが、
私が納得できないのが、事故によって査定が下がる場合の補償はできません。
決められた(保険会社独自の計算方法)で保障するだけです。

もらい事故は、本当に損。
時間も取られるし、心も傷つきます。
新車なら、もっと凹みますね。

ですから、煽り運転など狂気の沙汰です。

ゆとりのある心、現代の日本人に欠如した心かも知れません。
ああ、日本人では無いかも。
それにしてもせっかくの消滅確定の命ですから、
大切にしてくださいね。

どんなに偉かろうと、どんなに金持ちでも、
どんなに惨めでも、どんなに貧乏でも、
全ての人に平等なこと。
それが「死」ということを忘れずに!

あなたも私も必ず死にます。
死亡率100%、変えることはできません。
ただ死なないという錯覚だけ。
それが生きる為のセイフティモードかも知れませんね。
posted by 空色 零 at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする