2017年12月11日

Vottacrino新作『妖精色のネックレス(ライトパープル)』VT-101217-02

DSCN0897.jpg
紫(ライトパープル)のルナフラッシュをメインに、
繊細カットが施されたマルチカラーのガラスビーズで作った壁屋用作品です。

まずはガラスビーズに一目惚れです。
2oですが、繊細なカットが、綺麗に輝く素晴らしい素材です。

ルナフラシュは、試しにパープルとピンクを購入!
似通った色彩です。
今回はライトパープルという言葉が相応しい紫を使用しました。

実は、今回のパープル、ピンク、ブルーの3兄弟(姉妹)?
になる予定でしたが、2oのネックレスは作るのがしんどいので、
そのうちに!

ガラスビーズとして有名なのがスワロ(スワロフスキー)ですが、
それに負けないくらい素晴らしい素材です。
スワロもラウンドカットの#5000しか使いませんが、
カット面は、それより多いみたいです。

スワロの不満は、キラキラはカットが鋭いため。
カット面は少ないのが不満です。

今回は小さい事もありカットの不満はありません。

それに、今回は1連をバラシ、色が重ならないように再配置。
バカバカしいほど時間がかかっています。
ほんと、こんなの作るの嫌だわ。

自分で計画デザインしても、作るのがしんどいと凹みますね。
しかも、何度も試行錯誤して、やっと完成。
綺麗だけど、私には地獄のような作品です。

妖精ではなく、悪魔のネックレスかも???

では、その輝きを動画でご覧ください。

紫色のルナフラッシュだけでも、非常に美しいと感じてしまうのは、
美的感覚が他人と違うせいでしょうか。

まあ、年末に大掃除もしないで、こんなのやっているから、
悪魔のような目に会うんだわ。
(最低ね)

とにかく、妖精的不思議感と私の血のにじむような?努力の結晶が
この作品なのです。
posted by 空色 零 at 09:00| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

Vottacrino新作『ローズ・ホワイティア』VT-101217-01

DSCN0898.jpg
真っ白なホワイトシェルの作品です。
白、というとホワイトオニキス、ホワイトジェードを思い浮かべますが、
私はホワイトシェルです。

何故なら、オニキスは若干ですがベージュっぽい。
ホワイトジェードは真っ白ですが染色です。
となると天然色で真っ白は、このホワイトシェルしかないのです。

今回はメインに非常に繊細な細工が施された16oの大きな薔薇カット。
サイドには、水晶でちょっとだけ演出。
全体を真っ白なホワイトシェルで!

イメージは純白、聖なる色、清純でしょうか。

DSCN0899.jpg
ご覧の通り、大きい!&繊細な薔薇(両面)です。
まるで生きているように立体的です。
加工されたビーズは、ある程度の大きさがあるのがBESTです。
8oサイズだとブレスにしたいですが、こんな感じではありません。
大きい分、自由に職人さんが描いた薔薇です。
艶もあって素晴らしい素材に出会えました。


DSCN0900.jpg
留め具はいつものです。
今回は真っ白が私の頭の中のデザインにありましたので、
白い色です。

雪のイメージもあるでしょうが、何だか夏にも合いそうな感じもしますね。

とにかく、私の妄想作品なので、色々とご勘弁くださいね。
ちなみに壁屋作品なので、近々お目見えします。
(来週中かな)

先週は、色々と購入しましたが、
あまりイメージ通りのものがありませんでした。
お気に入りの人工石(富士オパール)のブラックタイプも失敗でした。
冒険もほどほどにと言う事ですね。

posted by 空色 零 at 18:09| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

Vottacrino新作『イリアの涙』VT-190917-04

DSCN0634.jpg
前作、『イシスの涙』の色違い『イリアの涙』です。
こちらもペアシャイプのジェード、ライトブルカラーの素材に一目惚れして
作りました。
前作のラベンダーより薄い色で、絶妙な透明感もあり、
優しい、上品という感じです。

DSCN0641.jpg
オニキスは4oサイズなので、超ズームしてあります。
優しい透明感のある水色が最高です。
形状も涙型(ペアシャイプ)優しさ倍増って感じですかね。

今回はこの優しい水色に漆黒のオニキスを合わせました。
白に近い色彩なので、反対色の黒を持ってくるという
『反対色目立ちたがり定理』←勝手に作っています。
の元、品の良い感じにしました。

実はこのオニキス、カット品で作りましたが、全く優しくなく、
駄目でしたのでラウンドに変更した次第です。
DSCN0606.jpg
センターありのネックレスは、ちょっと何度も通します。
ますはデザインを決める為に仮にワイヤーに入れ、長さ等を見たら、
次に本製作に入ります。
デザインが決まらなければ何度もワイヤーに通し直します。
結構しんどいです。
ちなみにワイヤーは仮で、本製作はテグスです。
何故なら、ワイヤーはどんなに高価でも錆びます。
透明な石は透けて見えます。
この2点が私が嫌いだからです。

辛い作業の時、私的に心霊動画を見ながら、作業をするのが好きです。
ちょっと変ですよね。
見ていると言っても作業の合間ですが…。

心霊動画は、DVDで借りたものか、動画サイトの奴ですね。
100%フェイクですが、これがまた面白い。
投稿画像風の作り物が好きです。
作り手の面白さ、CGの面白さが伝わってきますね。
呪いの動画とか、行ってはいけない●●とか、面白すぎ。

ちなみに怖いと感じません。

だってフェイクですから。

私的には娯楽、それも子供心による驚かしたりする感じを動画にしたようなもの。
だと思っていますから、楽しいです。
やっぱ変ですよね。
それに女性の幽霊は若くて美人ばかり、私なら抱きしめますよ。
『やっぱ変態だわ』
posted by 空色 零 at 17:57| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vottacrino新作『イシスの涙』VT-190917-03

DSCN0633.jpg
メインは、最近、お気に入りの色、ラベンダージェードです。
海外ではジェード(残念ながら日本では翡翠と訳される)ですが、
石的にはクォーツアイトです。

クォーツアイトは、皆さんが良く知っている
アベンチュリンと言われるグリーンの石、ほとんどがグリーンクォーツアイトなのです。
アベンチュリンは、日本名:砂金石ですが、砂金のようなキラキラがありません。
インド翡翠と呼ばれるものが、本物のアベンチュリンです。
濃いグリーンの中に砂金のようなキラキラが見えます。
何れも石英が主体の石で、ザックリ言うと水晶の仲間です。
この石英質の半透明の石に染色したものが、ナントカジェードです。

呼び名もまちまちで統一感はありません。
例えば、私がラベンダーと言っていますが、
あるところでは、ライトパープル、パープルパステル系、などと
呼び名は販売店が勝手に決めているものです。
この辺はオーラ水晶と同じですね。

同じ色を集める場合、日本や香港の販売店を見て、勝手に判断しています。
画像は正直、わかりません。
DSCN0640.jpg
とまあ、長い前置きはともかく。

優しいラベンダー色、しかも薄っすらと透明感もある。
それに優しい涙型(ペアシャイプ)ですから、可愛くて上品な素材です。

メインに合うのは?
私が選らんだものは、ホワイトシェル。
純白と言える白い素材は、このホワイトシェルとホワイトジェードだけです。
ホワイトオニキスは若干ベージュっぽいです。

着ける本人の性格はわかりませんが、上品で優しい、そして可愛い。
そんな感じに仕上がっています。
まあ、変態ハゲデブエロジジイが作っていますから、間違いないです。

作品名はわかりませんが、見た目は笑顔でも笑っている。
そんなイメージの女性を想像して作りました。
ああ、ラベンダーの涙何て言わないでくださいね。
悪魔でも(まちがっていません)イメージですから。

DSCN0607.jpg
留め具はいつものようにアジャスターとカニカンです。
(無くなるまでこの仕様です)

デザイン的に考慮したこと。
最初は針金(ワイヤーワーク)で普通のヘッドにしようと思いましたが、
やっぱり針金が好きになれません。
ネットで見ると綺麗で繊細で素敵なものが多いのですが、
まったく私の趣味(SORAIRO-style)ではない気がして、
やめました。
どうしても、最小限、には使いますが、
出来るだけ針金無しで作るのが私のやり方です。
直接つけると一体感は素晴らしく、品のある服にも合います。(多分)

バカなので色違いも作りました。
それはまた次の機会にご紹介しますね。
posted by 空色 零 at 10:18| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

Vottacrino新作『色々な天然石を使った繊細で上品なネックレス』

DSCN0608.jpg
計画、数年前、完成、今年というとても長いスパンで完成した作品です。
というのも、イメージに合う素材が集まらなかったからです。
ちなみに計画が数年前の作品は結構あります。

素材が集まらないもの、忘れているもの(作品計画を)
などなど多数あります。

今回のコンセプトは、天然石の天然色を楽しんで頂く作品です。
今年、アパタイトが手に入り、作られるのをスタンバっていた作品です。

では、その気の長い作品を動画で確認しましょう!

水晶は2oくらいです。
ですから、イメージは大きな感じですが、小さな石ばかりです。

※実はネットの接続障害で苦労していました。
 本日、ルーターの故障だと判明。
 交換してもらい何とか復旧出来ました。

posted by 空色 零 at 16:11| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする