2017年09月23日

Vottacrino新作『イリアの涙』VT-190917-04

DSCN0634.jpg
前作、『イシスの涙』の色違い『イリアの涙』です。
こちらもペアシャイプのジェード、ライトブルカラーの素材に一目惚れして
作りました。
前作のラベンダーより薄い色で、絶妙な透明感もあり、
優しい、上品という感じです。

DSCN0641.jpg
オニキスは4oサイズなので、超ズームしてあります。
優しい透明感のある水色が最高です。
形状も涙型(ペアシャイプ)優しさ倍増って感じですかね。

今回はこの優しい水色に漆黒のオニキスを合わせました。
白に近い色彩なので、反対色の黒を持ってくるという
『反対色目立ちたがり定理』←勝手に作っています。
の元、品の良い感じにしました。

実はこのオニキス、カット品で作りましたが、全く優しくなく、
駄目でしたのでラウンドに変更した次第です。
DSCN0606.jpg
センターありのネックレスは、ちょっと何度も通します。
ますはデザインを決める為に仮にワイヤーに入れ、長さ等を見たら、
次に本製作に入ります。
デザインが決まらなければ何度もワイヤーに通し直します。
結構しんどいです。
ちなみにワイヤーは仮で、本製作はテグスです。
何故なら、ワイヤーはどんなに高価でも錆びます。
透明な石は透けて見えます。
この2点が私が嫌いだからです。

辛い作業の時、私的に心霊動画を見ながら、作業をするのが好きです。
ちょっと変ですよね。
見ていると言っても作業の合間ですが…。

心霊動画は、DVDで借りたものか、動画サイトの奴ですね。
100%フェイクですが、これがまた面白い。
投稿画像風の作り物が好きです。
作り手の面白さ、CGの面白さが伝わってきますね。
呪いの動画とか、行ってはいけない●●とか、面白すぎ。

ちなみに怖いと感じません。

だってフェイクですから。

私的には娯楽、それも子供心による驚かしたりする感じを動画にしたようなもの。
だと思っていますから、楽しいです。
やっぱ変ですよね。
それに女性の幽霊は若くて美人ばかり、私なら抱きしめますよ。
『やっぱ変態だわ』
posted by 空色 零 at 17:57| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vottacrino新作『イシスの涙』VT-190917-03

DSCN0633.jpg
メインは、最近、お気に入りの色、ラベンダージェードです。
海外ではジェード(残念ながら日本では翡翠と訳される)ですが、
石的にはクォーツアイトです。

クォーツアイトは、皆さんが良く知っている
アベンチュリンと言われるグリーンの石、ほとんどがグリーンクォーツアイトなのです。
アベンチュリンは、日本名:砂金石ですが、砂金のようなキラキラがありません。
インド翡翠と呼ばれるものが、本物のアベンチュリンです。
濃いグリーンの中に砂金のようなキラキラが見えます。
何れも石英が主体の石で、ザックリ言うと水晶の仲間です。
この石英質の半透明の石に染色したものが、ナントカジェードです。

呼び名もまちまちで統一感はありません。
例えば、私がラベンダーと言っていますが、
あるところでは、ライトパープル、パープルパステル系、などと
呼び名は販売店が勝手に決めているものです。
この辺はオーラ水晶と同じですね。

同じ色を集める場合、日本や香港の販売店を見て、勝手に判断しています。
画像は正直、わかりません。
DSCN0640.jpg
とまあ、長い前置きはともかく。

優しいラベンダー色、しかも薄っすらと透明感もある。
それに優しい涙型(ペアシャイプ)ですから、可愛くて上品な素材です。

メインに合うのは?
私が選らんだものは、ホワイトシェル。
純白と言える白い素材は、このホワイトシェルとホワイトジェードだけです。
ホワイトオニキスは若干ベージュっぽいです。

着ける本人の性格はわかりませんが、上品で優しい、そして可愛い。
そんな感じに仕上がっています。
まあ、変態ハゲデブエロジジイが作っていますから、間違いないです。

作品名はわかりませんが、見た目は笑顔でも笑っている。
そんなイメージの女性を想像して作りました。
ああ、ラベンダーの涙何て言わないでくださいね。
悪魔でも(まちがっていません)イメージですから。

DSCN0607.jpg
留め具はいつものようにアジャスターとカニカンです。
(無くなるまでこの仕様です)

デザイン的に考慮したこと。
最初は針金(ワイヤーワーク)で普通のヘッドにしようと思いましたが、
やっぱり針金が好きになれません。
ネットで見ると綺麗で繊細で素敵なものが多いのですが、
まったく私の趣味(SORAIRO-style)ではない気がして、
やめました。
どうしても、最小限、には使いますが、
出来るだけ針金無しで作るのが私のやり方です。
直接つけると一体感は素晴らしく、品のある服にも合います。(多分)

バカなので色違いも作りました。
それはまた次の機会にご紹介しますね。
posted by 空色 零 at 10:18| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

Vottacrino新作『色々な天然石を使った繊細で上品なネックレス』

DSCN0608.jpg
計画、数年前、完成、今年というとても長いスパンで完成した作品です。
というのも、イメージに合う素材が集まらなかったからです。
ちなみに計画が数年前の作品は結構あります。

素材が集まらないもの、忘れているもの(作品計画を)
などなど多数あります。

今回のコンセプトは、天然石の天然色を楽しんで頂く作品です。
今年、アパタイトが手に入り、作られるのをスタンバっていた作品です。

では、その気の長い作品を動画で確認しましょう!

水晶は2oくらいです。
ですから、イメージは大きな感じですが、小さな石ばかりです。

※実はネットの接続障害で苦労していました。
 本日、ルーターの故障だと判明。
 交換してもらい何とか復旧出来ました。

posted by 空色 零 at 16:11| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

Vottacrino新作『SORAIRO-style シックな色合いのネックレス』VT-230817-02

DSCN0463.jpg
ちょっと地味過ぎました。
シックな秋らしいネックレスを作ろうと思いまして、
フローライトの涙型(ペアシャイプ)のブルーグリーンを購入しましたが、
思っていたよりも色がダークで、落ち着き過ぎですよね。

ヘッドをフローライト、全体は3oくらいのルチルクォーツです。

DSCN0466.jpg
ダークなブルーグリーンのつるんとした形状です。
フローライトは普通、どんなに綺麗でも内傷があります。
この素材も表面はツルツルですが、画像にすると内傷が見えますね。
ダークな色合いです。

DSCN0465.jpg
ルチルクォーツは小粒(約3o程度)ですが、しっかりと金針入っています。
作っていて、「ああ、地味過ぎ」
と後悔しています。

しかし、フローライトはグリーンはよく見ますがダークブルーグリーンは、
色彩的にも珍しいのでは???
そう納得させたりしています。

DSCN0464.jpg
留め具はオーソドックスなカニカン&アジャスターです。
何度も書きますが、私の場合、ネックレスはワイヤーではなくテグスです。
ですから、透明な石の場合、繋ぎが見えません(ほとんど、画像で確認してください)
それが私の仕様です。

透明な石なのにワイヤーが見えたら…。
なんだか嫌ですよね。

ブレスのゴム紐も「見えない(なるべく)」のが、
SORAIRO-style、Vottacrinoの仕様です。
posted by 空色 零 at 11:05| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

Vottacrino新作『マグネサイター』VT-230817-01

DSCN0467.jpg
染色されたマグネサイトを使ったハチャメチャなネックレスです。
マグネサイトは、染色され、
マグネサイトターコイズとか、
マグネサイトラピスなどと呼ばれていますが、
マグネサイトです。

ブルー系を中心に紫とか、グリーンを色彩的に入れて、
形状的には、遊び心満載のネックレスに仕上げました。

特に星形をひとつ入れました。
スターになりたい!という欲望から???

さて、夏の終わりにこの色彩は???
と思う人も多いですが、実はあまり季節感が無いので、
自分の好きなように作っています。

壁屋に行くと、「夏はこういうのが…」
というおばさんたちのアドバイスがありますが、
売る気が無いので、スルーしています(ゴメンナサイ)

DSCN0471.jpg
ちょっと長めなので、壁屋の展示はどうしようか検討中です。
留め具は王冠調のマンテルにしました。

私的にはネックレスの長さは45pがMAXです。
それ以上長いと引っかかったり、洗面所で手を洗うにも大変です。
(外せばいいのですが)
そして、45pだとアジャスターは付けません。
通常の38pですと、アジャスター無しだと太った人は…。
ですから、まあ。大人の事情ですよ。

ちなみに38pとは石と石の間までの長さです(1連てことですね)
金具がつくので、実際には約40cmです。
女性の場合、経験上から36p位(がBEST)からの人がいますので、
長さの選定は難しいですね。
ほんと、想定外の短さですね。

長さの話がメインになりましたが、今回はマグネサイトが増えてきた。
在庫に色々なタイプがいっぱいになり、どうせなら色々使おう!
というコンセプトです。
また、誰も持っていない!
という優越感も得られる作品です。

まあ、評価するのは私ではありませんから、
「なんじゃこりゃ」
と思うかもしれませんね。

そういう感性の差を見るのも好きです。
ほんと変な趣味にハマってしまった!のであります。

posted by 空色 零 at 08:49| Comment(0) | ネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする