2015年12月25日

UDEWAYA 進度状況 2015/12/25

岐路に立つUDEWAYA…。
設計も完了し庭の使用許可を得ようとしましたが却下でした。
したがって、UDEWAYAはカタチを変えます。

実は、小屋を建てるのは却下でしたが、部屋を使うのはOKになりました。

現在、物置としている部屋がありますが、
そこを改造してNEW?UDEWAYAになります。

かなりテンションが下がります。
しかし、建屋はあるので、内装の変更だけ…。
高い屋根に上る必要なし(高所恐怖症ですから)
自分の家だから

部屋は冷暖房完備、ナノイー付のエアコンです。
その点は良いのですが、問題は物置とされている部屋の中身…。
大型廃品置き場???
木製のベッドとか…。(板厚30mm位です)
これらを整理して(処分)、使用可能。
(小屋を建てるより大変かも)

6畳ほどなのでスペースは問題ありません。

しかし、自宅で人を呼ぶのは気が進みませんね。
(場所、教えなきゃいけないでしょ)

良い点も結構あります。
納戸を改造すれば部屋にゴロゴロとタッパーに入った石たちの倉庫に

勿論、教室も出来ますよ(普通の家ですから、コンセントもあります)

年内は行動しませんが、木製ベッドを加工して (大幅加工)
机にリフォームする予定。

丸鋸買わなきゃね。

ということで、二階なので相模湾の見える場所がUDEWAYAの場所になりそうです。
喜んで良いのか、悪いのか…。

それよりも風邪の完治を急がなくては…。

なんだか、普通の趣味の部屋になりそうです。
小屋の方がインパクトあったのに。

さて、部屋使用の条件があります。
釘や加工をしないこと。
だから展示台も家具方式にしなくては…。
壁紙も加工無で対応いたします。(置くだけ???)
(どうしようかなあ)
posted by 空色 零 at 16:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | UDEWAYA→休止中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

UDEWAYA 進度状況 2015-12-9

小屋の完成は先ですけど。
小物(ドアに付ける看板)の切り文字が到着いたしました。

ドアはまだ、ありませんが、こんな感じです。
IMG_1726_edited-1.jpg

未塗装なのでイメージが湧きませんが、いつもの虹色に塗装いたします。

下の白い木はバルサですが、このまま使っちゃおうかな。
なんて考えております。

あっ、サイズは、
IMG_1727_edited-1.jpg

白い木は400mm位。

細々したものをネットで調べて、購入するのは時間がかかります。
本体(小屋の)から攻めないのは、DIYに慣れていませんので、
練習してから。

とにかく、時間がかかりそうです。

posted by 空色 零 at 13:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | UDEWAYA→休止中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

UDEWAYA 進度状況 2015/12/7 作業机×3

風邪は、しつこいです。
パフォーマンス低下から逃げられません。

さて、外部(小屋)の設計もほぼ終了し、残すは部品表のみになりました。
(モルタルは別にして)

今回は内部の製作物。
作業台をこんな感じの空色レトロ調に致しました。
塗装は、木目を生かしたダークな茶色。
机 大.jpg

構造は単純で天板の下に2*2で枠を組んで、
特殊な猫足ではなく鹿脚(鹿の様だから)を4本付けるという
シンプルかつレトロな雰囲気の作業台です。

天板の大きさは、自室にある折り畳みの机と同寸法。
これ以上は無理かな。
とにかく、同じものをを3つ作ります。
ここでは天板の面取り、鹿脚の加工にトリマーが必要です。

脚の複雑な曲線の加工方法は、ジグソーで追い込み
型を使ってトリマーでトレースします。
一台に付き4脚必要ですから、12脚作ります。
この鹿脚が見どころだし、綺麗な曲線は型でできる筈。(多分)

材料には2*2材と2*6材のみで作る予定です。

結局、トリマー大活躍ですし、購入しないと無理ですからね。
それと、サンダーで削りまして、手触りにも拘りますよ。
図面に起こしていない部分、頭の中にはありますけど…。

さて、結構滞っているアクセ作りですが、素材が溜まっています。
作る暇もなく衝動買い…。

こりゃ大変だ。

そういえば、最近他人様の記事で
「どうしてプラモデル好きの男は作らないのに買うの?」
的な質問?疑問?がありましたが、
ズバリ、それはコレクターだからです。
一見、他人からは無駄や無謀(私の場合は特に)思われますが、
本人は満足しているのでは???
結果を求めるか? プロセスを楽しむか?
どちらかを求めるかで答えは違ってきます。

私の場合、小屋作りを通じてDIYや初歩の建築も勉強出来ますし、
材料や工具なども勉強できます。
お勉強、修行とか、捉えれば良いのかなあ。

さて、克服できない問題は高所恐怖症です。
幼い頃、屋根から落ちたけど、飛行石で無傷(冗談ですよ)
とにかく無傷でしたけど、ゴロゴロっと落ちる感覚が今でも…。
ココの記憶が曖昧で、落ちそうになっただけかも知れませんし、
本当に飛行石で助かったのかも知れません。

そう言えば、こんなエピソードも書きますと、
小学校に上がる前、多分5歳、小田原で母とはぐれまして、
歩いて自宅まで帰ったみたいです。
不思議な事に歩けば10kmはある距離でしたが、
母が捜して家に帰るまでに到着。
これって、当時は何も変な事思いませんでしたが、
タイムテーブルがおかしいのです。
ワープ、テレポート??
なんて非科学的な事を信じませんが、10kmの道を5歳の子供が歩いて
1時間以内に到着できるのかなあ。
ココの記憶の曖昧です。
まあ、曖昧な事が多いみたいで、
こんなひねくれた子供(いやオトナに)なったんだろうな。
ああ、オカルトや精神異常の世界に入りそうなので、こんなこと
書きたくありませんでした。
目を瞑って、部屋の様子がわかるとか、
360度球体のような視界が得られるとか、(目を使わない視界だと360度)
本当にオカルトっぽい事は嫌いです。
ホラー映画は好きですけど、(フェイクだからね)
そんな幼少期の精神が不安定な事もありまして、高所恐怖症なのかも。
(いや、病んでいるのかも)

だから屋根の工事だけ心配です。
勿論、極力下からやりますが、すべて下からは無理ですよね

なんだか、小屋の進度とは関係ないヨタ話でしたね。
最後まで付き合っていただいて、ありがとうございました。

※何度も書いていますが、壁屋総本舗は数か月以内に撤退します。
最短では今月中。
理由は色々ですけど。
とにかく、速攻やめたいです。
私のブースは5分もあれば撤退完了します。
しかし、12月31日の撤退は厳しいか…。色々な意味で


posted by 空色 零 at 23:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | UDEWAYA→休止中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

UDEWAYA 進度状況 2015/12/5

やっと、風邪の影響も減少しはじめました。
パフォーマンスも何とか持ち直してきました。

さて、設計の方ですが、壁寸法も2000mmの変更を終え、
明日からは部品表の見直しです。

外観図を修正したら、何となく変なカタチです。
外観図s2.jpg

くそだっせえ、感じになってしまいました。
もしかすると、1820mmの方がバランスが良いかも…。
と後悔もしつつ設計終了に向かっております。

色々と考えましたが、丸のドアは見送り。
もしかしたら、高さも1820mmに戻すかも。
(図面削除しちゃいました)

今後はわかりませんが、一応設計は年内に終了させて、
DIYの練習(備品作り)を始めたいです。

こちらも、レイアウト上、作業机を3つ(自分用と生徒様用2つ)
形状も同じでサイズは800mm×450mmです。
(天板が購入できる寸法です)

同じものを3つ作れば練習になるでしょ(多分ね)

展示台ですが、ガラス風は壁掛け式にしました。
そのかわり、随所?に小さな棚を付けます。
色々な展示物(妙な購入品)を置くつもり…。

その机ですが、曲線の脚を作りたいです。
CADだと曲線がイマイチうまく行きませんね(イメージより遠い)

作業開始と共に、壁屋総本舗を卒業します。
そうすると、作品の展示場所が数か月くらい無くなる…。

まあ、売りが目的ではなく、作ったものの展示が目的なので、
小屋が完成すれば壁屋総本舗は不要になります。
(どうせ60代以上の年齢の方がほとんどです)

まだ、やらなきゃならないのが照明=ソーラーシステムです。
ソーラー、コントローラ、インバーター、それにバッテリーなど。
セットを買うかもしれません。
本当、電源が無いので、ソーラーが命です。
LED電球、2個くらいは付けないと暗いです(多分)
冷暖房無ですから、夏や冬は地獄かも…。

色々な思惑はありますが、部屋中をブレスでビッシリ並べたい!
そんな妄想だけで、小屋を作るんですから…。
予定ではブレス200本以上、ネックレスやペンダント系20本くらい。
まあ、予定ですよ。

とまあ、風邪の完治を夢見て書いています。

ほんと、無謀だなあ。
posted by 空色 零 at 00:13| 神奈川 | Comment(0) | UDEWAYA→休止中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

UDEWAYA 進度状況 2015/12/3

風邪です…。
パフォーマンスの低下です。
いや、パフォーマンスゼロか…。

さて、年内の工事着手を諦めた私は、欲が出ました。

それは、ドアを丸くしたい…。
イメージでは、材料を繋ぎドアにする計画ですが、上部を丸くしたいのです。
ドアの構造s2.jpg

右の図のようなドアにしたい。

「かっちょええ!!!」

丸くジグソーで加工して、ヤスリで整形すれば良いのですが、
防風、防水対策に難が…。
所謂、シールドってやつですか。
側面と下面は板を張ってシールドしますが、曲線のシールドって難しい、
のです。
ああ、知識不足なんですかね。
上面が丸のドアって自作している人いますが、イマイチシールド性能が、
個人的な基準に達していないような気がして…。
あくまでも気がする程度なんですが…。

ということで、時間の許す限り丸型ドアの構造を考えます。

まあ、今、全体の修正(壁の全高2000の)で手一杯ですから、
その間にちょこっと考えます。

それと、スライド丸鋸が欲しかったのですが、高価なので導入を諦め、
自作の作業台で、間に合わせる予定です。

作業台の仕様は、長さが2400までのものを簡単に固定できること。
(台はそんなに(2400ほど)大きくない)
2*4材も合板(購入は2440です。)も固定可能。
丸鋸、ジグソー、トリマーに使用できること。
まあ、ジグソーは材料をシャコ万でテキトーに固定ですけどね。
平行(角度調整も)簡単に出来ること。
なんて、難題があります。

良く考えてみれば角度でカットするのは垂木とその周辺、合板やらなんやら、
窓(45度)で溝掘って組みます。
ちなみに内部の展示台はやめて、壁掛け式のガラス風展示台にしようかなと
考えています。⇒単純にスペースが無いので、もしくは狭そうなのでね。

ああ、考えれば考えるほどド壺状態です。

そんな中、発注しておりました切り文字が到着しました。
これは以前、書きました通り、UDEWAYAの切り文字(木材です)
これに塗装を施してドアに貼り付けます。
ああ、ドアの色も悩ましいです。

最初はレトロ感覚でダークな茶色でしたが、フレンチブルーっていうんですか。
水色の感じの家を見ましたら、心が動かされました。
しかし、今の感じに合わないからなあ…。
全体のモルタルの色がクリームにエージング塗装、
ドアと窓枠を同じ色にしますから…。

悩みが多いです。

最後はエイヤーですけどね。

計画段階は悩みますが楽しいですよね。
さて、どうなるか、それは気分次第です。
posted by 空色 零 at 22:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | UDEWAYA→休止中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする