2017年06月08日

新作指輪『葉っぱの指輪 京都オパール(青)VT-050617-02』

2017-06-05 003.jpg
指輪は、一旦終了です。
ブログで、ご紹介できないものもありますが、コレで終了。

理由は簡単で、作ってもオッサンの私には使えないから
サイズもそうですし、デザイン的にも…。

なので完全に壁屋用になってしまいました。
(残念ながら、『鳴かぬなら、やめてしまおう杜鵑(空色零)』)です。

このブルーの京都オパールが一番好きです。
色彩的には男性もOKなので、ビーズで購入すれば…。
高額なのでやめます

2017-06-05 013.jpg
この葉っぱのカタチが好きですね。
何となくお洒落で、本当はシルバーがいいんですが、
無いようです


では、動画で確認してみましょう!


そう言えば、壁屋でよく耳にする【作家】と言う言葉、
残念ながら、私は嫌いです。
それを生活の糧としていないから、
それにアクセサリー作りに『自由』を感じているからです。

【自由】
小説を書く時もそうですが、何かに囚われず自由にやっている。
こんなに楽しい事はございません。

勿論、自由なのはアクセ作りや小説のような趣味の空間のみですが、
そんなところに【不自由】を持ち込んでしまうには、もったいないのです。

例えば、これはダメ、あれはダメっという自己リミッターのような不自由の事です。
私の製作方針は、「あれはどう。あれもやってみよう!」
閉鎖する思考と開放する思考の違いですかね。

まあ、カッコ良く書きましたが、何をやっても下手くそだと言う事かもしれませんね。

しかし、世界中のアクセサリーを見てみればわかるように、
どこかの原住民が木のひもで作った骨のネックレス。
私は素敵だと思います。
紐がダメとか、骨がダメとか、
他人の意見よりもやっている本人の視点では最高のモノなのです。

このように視点を変えることによって、生き方や考え方が変わる筈なんですが、
なかなか、それに気づく人がいないのも現実です。

自由な思考や発想がある人間が、自らそれらの宝を拒否しているのです。

ああ、なんだか変な思想家のようになってしまったので、今日はこの辺で。
posted by 空色 零 at 10:26| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

新作指輪『葉っぱの指輪 京都オパール(白)VT-050617-01』

2017-06-05 002.jpg
葉っぱの指輪シリーズ第一弾(順番が滅茶苦茶です)
京都オパールのオパールらしい色を接着しました。

とても綺麗な遊色効果です。
勿論、天然のオパールなら高額になります。

しかし、この葉っぱの形がお気に入りです。
ちなみにイスラエル製です。

2017-06-06 001.jpg
フリーサイズをこういうカタチで、納めるとは…。
流石、イスラエルですね。

日本は、こういうデザインが出来ないんでしょうか。
アクセサリーの分野では、日本は遅れ過ぎですね。
デザインも、品質も、

さて、動画で確認してましょう。


ところで、サムネイルが自由に選べるようになりました。
携帯番号を登録しなければなりませんが、とにかく便利に!
と言ってもサムネイル画像をUPしなければなりません。
サムネイルの画像をアップロードする訳です。

それにしても、テキトーな画像・動画で申し訳ありません。

実は、キラッと光るところと曲を少しだけ合わせています。
たいしたことではありませんが、何となく音楽の位置を動かしたら、合ってしまったようです。
どうでもいい情報ですね。
ラベル:京都オパール
posted by 空色 零 at 22:09| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

新作指輪『CZクラウンリング(クリア)VT-050617-04』

2017-06-05 006.jpg
キュービックジルコニアに一目惚れ!
キラキラ感、ハンパないです

スワロとは違った重厚感のある輝き、ちなみに
石自体も重いけど…。

今回はダイヤモンドカット?の8oを手に入れましたが、
指輪にはピッタリのサイズかと思います。

ところが、指輪(金具)の方が無い
ということで、ちょっとだけ改造して装着しています。
凄い輝きです。
2017-06-06 003.jpg
まったくわかりませんので、動画作りました。

前回の指輪で失敗しましたので、通販の番組を見ていたら、
モデルさんが左右に動いてキラキラ感を出していました。
ということで、ターンテーブルを手で回しています。
(こんなことまで書く必要がないかも)

では、動画でご確認を!


ついでに壁屋に展示しますね。
(そのうちに)
posted by 空色 零 at 23:10| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新作指輪『葉っぱの指輪 ブラック VT-050617-03』

2017-06-05 001.jpg
この指輪金具の形状に一目惚れ、すぐに京都オパールと組み合わせよう!
と思いました。

実は、このブラックオパール調の京都オパールは、合うかな?
そう思いましたが、実際は、この通り、美しい遊色効果が楽しめます。

単なる接着しただけですけどね


2017-06-05 014.jpg
この葉っぱ感が好きです。
遊色効果は、地が黒で赤・緑系ですね。
とても綺麗なものです。

では、動画で確認してみましょう!


現在、動画の実験をしていまして、最終的に、こういう風に
元のようになりました。
日本語の説明は、何だか嫌いですね。
ちなみにいい加減な訳なので、間違っているかもしれません。
いや、間違っていると思ってくださいね。(多め、じゃなく大目に見てください)
posted by 空色 零 at 12:21| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

新作指輪『上質な天然石色々 シリアルNO.VT-220517-02、03、04』

DSCN0201s.jpg
VT-220517-02のオパールです。
ムーンストーンは特別に綺麗だったので単独記事にしましたが、
今回は3つまとめて記事にしました。

まずはオパール、実はラリマーよりも高価です。
今回のはエチオピア産のプレシャスオパール。
赤の遊色効果をメインに緑が若干入る素敵な素材です。
(画像の通り)

今回はSV925の指輪なので高価です。
だいたい、普通のものに比べて2倍
いっや、実の事を言いますと、このサイズのカボションに合うのが、
これしかなかったという次第です

私の場合、石を発見→購入→金具(指輪)探し
という最初からどうなるかわからない方法で、作っているものですら、
何の金具も見つからないという結果にもなります。

しかし、今回は、石自体は非常にオススメできるもの。
赤の遊色効果は、とても美しいです。

装着!!
DSCN0227.jpg
遊色効果も見えますが、オパールの透明感もまずまず、
納得できる素材です。

VT-220517-03ラリマーの指輪です。
DSCN0203.jpg
こちらも上と同じSV925の金具素材です。
ハンマーで打ちっぱなし感のある指輪です。
ラリマーに関しては、何も言う必要がありませんね。

では、装着!!
DSCN0228.jpg
私が装着画像に執着するのは、肌の色との合わせ具合を魅せたいからです。
動画では、それが削除してしまいましたが、復活します。
やはり肌に合うと、どうなるか。
私も知りたいからです。
最終的には肌に着けるモノですから。

壁屋の展示も木製の展示台です。
単なる悪趣味(よく言われます)が肌色に近いから、そうしています。
透明や白、黒、で作ればより綺麗に見えますが、
やはり肌に近い方がいい!と思っただけです。
だっせーデザインと言われておりますが、
何かをやるには何かの理由が存在する。
と言う事実もあるんですね。
まあ、ほとんどがテキトーですけど


VT-220517-04ブルーレース
DSCN0223.jpg
地味ですねえ、上の素材に比べたら、値段も価値も低いものです。
しかし、チベットでは天空の石と言われ、お釈迦様のいる世界?
の蓮の花の色と言われています。
それだけ、神秘的で、優しい色合いがステキです。

指輪金具は、上記のものより豪華ですが、SV925ではないので安いです。
見ているだけで、優しいパステルカラーに癒される。
そんな素材です。

では、装着!!
DSCN0226.jpg
地味と言えば地味、しかし、お気に入りの癒し素材です。

※指輪シリーズは一旦終了です。
理由は色々ですが、展示台も無いし、カボションに回すお金もありません。
それよりも、色々なブレスを作って行きたいのです。
(私の場合はネット購入なので良いものの検索に時間がかかる)
作る方に専念したいからです。
と言いつつ、第二弾からはCZ(キュービックジルコニア)を使って、やろうかなあ。
なんて考えたりして、そういう次に何を作るのかを考えることが一番楽しい事です。

恋と同じですよね。
想像(妄想)の方が現実より楽しい。
そう言う人は、いつでも作家になれます。
妄想を文章に変換=作家ですから
続きを読む
posted by 空色 零 at 10:27| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする