2017年05月23日

新作指輪『上質な天然石色々 シリアルNO.VT-220517-02、03、04』

DSCN0201s.jpg
VT-220517-02のオパールです。
ムーンストーンは特別に綺麗だったので単独記事にしましたが、
今回は3つまとめて記事にしました。

まずはオパール、実はラリマーよりも高価です。
今回のはエチオピア産のプレシャスオパール。
赤の遊色効果をメインに緑が若干入る素敵な素材です。
(画像の通り)

今回はSV925の指輪なので高価です。
だいたい、普通のものに比べて2倍
いっや、実の事を言いますと、このサイズのカボションに合うのが、
これしかなかったという次第です

私の場合、石を発見→購入→金具(指輪)探し
という最初からどうなるかわからない方法で、作っているものですら、
何の金具も見つからないという結果にもなります。

しかし、今回は、石自体は非常にオススメできるもの。
赤の遊色効果は、とても美しいです。

装着!!
DSCN0227.jpg
遊色効果も見えますが、オパールの透明感もまずまず、
納得できる素材です。

VT-220517-03ラリマーの指輪です。
DSCN0203.jpg
こちらも上と同じSV925の金具素材です。
ハンマーで打ちっぱなし感のある指輪です。
ラリマーに関しては、何も言う必要がありませんね。

では、装着!!
DSCN0228.jpg
私が装着画像に執着するのは、肌の色との合わせ具合を魅せたいからです。
動画では、それが削除してしまいましたが、復活します。
やはり肌に合うと、どうなるか。
私も知りたいからです。
最終的には肌に着けるモノですから。

壁屋の展示も木製の展示台です。
単なる悪趣味(よく言われます)が肌色に近いから、そうしています。
透明や白、黒、で作ればより綺麗に見えますが、
やはり肌に近い方がいい!と思っただけです。
だっせーデザインと言われておりますが、
何かをやるには何かの理由が存在する。
と言う事実もあるんですね。
まあ、ほとんどがテキトーですけど


VT-220517-04ブルーレース
DSCN0223.jpg
地味ですねえ、上の素材に比べたら、値段も価値も低いものです。
しかし、チベットでは天空の石と言われ、お釈迦様のいる世界?
の蓮の花の色と言われています。
それだけ、神秘的で、優しい色合いがステキです。

指輪金具は、上記のものより豪華ですが、SV925ではないので安いです。
見ているだけで、優しいパステルカラーに癒される。
そんな素材です。

では、装着!!
DSCN0226.jpg
地味と言えば地味、しかし、お気に入りの癒し素材です。

※指輪シリーズは一旦終了です。
理由は色々ですが、展示台も無いし、カボションに回すお金もありません。
それよりも、色々なブレスを作って行きたいのです。
(私の場合はネット購入なので良いものの検索に時間がかかる)
作る方に専念したいからです。
と言いつつ、第二弾からはCZ(キュービックジルコニア)を使って、やろうかなあ。
なんて考えたりして、そういう次に何を作るのかを考えることが一番楽しい事です。

恋と同じですよね。
想像(妄想)の方が現実より楽しい。
そう言う人は、いつでも作家になれます。
妄想を文章に変換=作家ですから
続きを読む
posted by 空色 零 at 10:27| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新作指輪『高レベルムーンストーン シリアルNO.VT-220517-01』

DSCN0189.jpg
綺麗なシラーの出るムーンストーンのカボションが手に入りましたので、
指輪に致しました。
やっとあったシルバー系の指輪です。

かなり良い品質のムーンストーンだと思います。
その分、お値段が…。

DSCN0200.jpg
ムーンストーンの評価は、透明感(透明であるほど高価)
それとシラーの出方です。
今回の素材は透明感もなかなか、シラーはご覧の通りです。

本当はコレクションに加えたいのですが、指輪はオッサンの私には無理ですね

DSCN0222.jpg
透明感もかなりあります。


では、装着!!
DSCN0225.jpg
シラーはこの角度から見えませんが、逆に透明度が映えます。

とても良いムーンストーンだと思いますが、如何ですか?
このように納得のできるカボションが入手できた時、
指輪にしましょうかね。
posted by 空色 零 at 00:46| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

新作指輪『ゴールドクラウン3種 シリアルNO.VT-180517-01,02,03』

DSCN0142.jpg
突然ですが、指輪始めました。
勿論、壁屋用です。

何故、始めたの?
そりゃ、良いカボションがあったからです。
画像のように左からオパール、マグネサイトターコイズ、ラリマーです。
勿論、原石の値段によって値段が違います

オパールは透明感があり遊色効果が見られます。
DSCN0150.jpg


マグネサイトターコイズは、こんな感じのもの
DSCN0140.jpg


ラリマーは…。
ゴメンナサイ、画像を確認したら、フェルトが絡んでいたのでアップできませんでした。


当然のことながらフリーサイズです。

やっと探した指輪用のパーツ、
今度はシルバーを買おうかな…。
なんて考えています。

しかし、シルバーは見つからないのです。

この指輪は王冠のようなツメを倒して固定するのですが、
ペンチを使うと傷つきます。
そんなときにペンチにフェルトを挟んで曲げています。
そうすると、傷はつきません。

ツメの閉じ方もエンジンのボルトを締めるような順番で行えば
平均的に収まる筈。
例題が悪すぎましたね。
とにかく、普通に考えれば出来ることです。

当分、指輪作りに専念???
するかも…。

posted by 空色 零 at 21:58| Comment(0) | 指輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする