2017年10月12日

Vottacrino『スモーキーレモンクォーツ64面カット』

DSCN0685.jpg
スモーキークォーツとレモンクォーツが混じった素材です。
ちょっとだけレアです。
パッと見、スモーキー、光の加減でレモン。
そんな感じの色彩です。

この素材には、非常に美しい64面カットが施されています。
一般的なカットですが、研磨の仕方(時間・丁寧さ)によって、
キラキラと宝石のように輝きます。

カットと言えばスターカットですが、
甘っちょろい安物のスターカットよりも、
成熟した64面カットのほうが素敵です。

同じカットのレベルなら、断然スターカットのほうが美しいです。
三角形のカット面があらゆる角度からの反射を受け持ち、
まるで宝石のようです。

64面カットはカット面が四角で、
どちらかというと控えめな印象です。
キラキラを強調するか、控えめか、デザインの選択はある訳です。

では、その美しいカットがされた作品を動画で見てみましょう!

これはだいぶ以前の作品ですが、いまだに輝きは失われません。
賞味期限が無いと言う事ですね。
ブレスの場合、ゴムやワイヤーは交換すれば石だけは使えます。

現在では、入手困難、数年前にはチラホラあった素材です。
たまに見まけますけど、本当にたまにです。

今回はデザインはしていません。
素材だけの作品。
素材に圧巻された作品ともいえます。
なんの手を加えない方が良い!ものもあるんです。

posted by 空色 零 at 11:22| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

Vottacrino新作『フルーツポンチ』VT-091017-02

DSCN0683.jpg
まるでフルーツのような色彩と可愛らしさのジェードを
サイズグラデーションに配置したSORAIRO-styleのカラフルなブレスです。

このジェードですが、なるべくバイカラー、一粒に2色の色が入っている
ものを選んでみました。
ジェードに拘る。
なんてこと誰もしない筈です。
染色嫌いの人もいるでしょうが、私はこういうのも好きです。
まあ、好きだから作るわけで、嫌いなものは作りません。

可愛くて見ていると元気が出そう!
「おもちゃっぽい」
とか言われそうですが、逆に言うと、
話題作りの主役ではないでしょうか。

では、そのカラフルな作品を動画で見てみましょう!!

実は、このジェード、水晶と同じくらいの種類
(水晶の場合は形状だけ違うものです)
をストックしています。
ほとんどがピンク系ですが、新色が?出ると(見つけると)
つい買ってしまいます。

ほんと馬鹿ですよね。

また、買う都度、色合いが違うので、色合わせは難しいですよね。

私の場合、素材は広範囲です。
ラリマーのような比較的高価な天然石も使いますし、
このような比較的安価な染色されたもの、ガラス等も使います。
気に入った素材なら、何でもOKです。

ですから人工か、天然には差別が無い。
それに「これ人工じゃねえ」とか、見えてきますよ。

しかし、模造技術も発達して、人工かどうかわからないものがあります。
例えば、インプレッションストーン、これは難しいです。
マグネサイトターコイズと言われている、
ほとんど(50%くらい)が人工マグネサイト。
水晶の80%と言われますが、人工水晶です。
まあ、綺麗ならばOKですけどね。

その作り方もさまざまで、水晶系は養晶とも呼ばれ、
酢(本当は多分酢酸)の中で、電気をかけて結晶を作ります。
中国やブラジルが得意、ロシアではシベリアンブルークォーツが有名です。
物凄く綺麗で、高級なジュエリーにも匹敵します。
マグネサイトは、物凄いプレスで、まるで岩石が出来るようにして作られます。

夢の無い話ですが、事実を知れば、どれが人工で、どれが天然?
残念ながら、多くの問屋でも、間違っている(故意的かどうかはわかりませんが)
ものも見かけます。

長い間、やっていると素材の知識、質感などもわかるようになってくる!
一種の職業病のようなものです。

人工でも、天然でも、私は自分が気に入ったものは使いますが、
素材の嘘は嫌いです。
人工なのに天然。

それに日本では染色すら嫌う人が多いですが、
海外では地の石が天然か人工かが問題(区別、分類)されていますね。
シンセティックターコイズ。
ナチュラルターコイズ。
染色書いてありますが、地の方が分類の決め手みたいです。

日本の物は大丈夫。
何て言うのは間違いで、
香港の問屋さんも、日本の問屋さんも間違いは同じくらいです。
故意かどうかは別としてですけどね。

それらも見て判断できる目を持つことが重要かと思いますが、
まったくアクセ作りの素材の信頼性の話になってしまって
申し訳ありませんでした。

posted by 空色 零 at 08:58| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Vottacrino新作『黄金の輝きの腕輪』VT-091017-01

DSCN0684.jpg
繊細で美しいトライアングルカットのシトリンをメインに
黄金色でまとめた成金主義的な作品です。

テーマは、黄金の輝き!
貧乏ながら、黄金ザクザクの夢が見られる、そんな作品です。
ホンモノの黄金は無理だけど、イメージ的にゴージャスで行きましょう!
という感じです。

シトリンは人工結晶、不純物が無く、
また非常に上質なトライアングルカットが宝石のように輝きます。
ゴールドオーラ水晶と色合いが全く一緒。
これが揃うのも、珍しいことです。

実は洋服とか、アクセサリーなどの色を揃える。
と言う事は結構難しい事です。
どんなに高価なブランド服も、模様が揃っていなければB級品。
揃えるということは結構難しく、また、お金もかかります。

拘らないものは全てB級品。
世の中は安ければOkでしょうが、私はダメです。
テキトーに作った料理が不味いように、
心がこもっていなければ、意味が無いのです。

コンビニで100円で買える食べ物には、正直愛情はありません。
「思い」も一緒に!
という考えが日本人らしい考えではないでしょうか?

と説教じみた話になりましたのでこの辺で、動画で見てみましょう!!

とてもキラキラとまるで宝石のように輝きます。
キラキラ、好きです。
より他人よりキラキラしている。
これがアクセサリーの原点です。
posted by 空色 零 at 11:34| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁屋の画像を更新しました2017年10月8日

IMG_20171008.jpg
最近、全く売れていません。
壁屋全体が閑古鳥のようで、人がいませんから仕方ないですよね。

2か月、出展料を下回れば、即、撤退します。
ちなみに出展料は2500円です。

私の場合、交通費(400円/回)かかりますので、ちょっと厳しいですね。

まあ、正直、売れてもそんなに多くないし、儲けもほとんどありませんが、
材料費がマイナスを記録すれば、そりゃ、製作活動に影響があるからです。

と言ってもこればかりは、売れ筋を作る訳ではなく、
作りたいものを作るだけですから、売れない月もあるでしょう。

商売だったら飢え死にですね。

壁屋自体が、お客様(壁屋全体の)が平均65歳くらいなので、
ちょっとばかりキツイのは当たり前です。
だって、ピンクなんて売れないでしょ。
そう思った人は、顧客情報が不足しています。

実は結構カワイイものを65歳くらいの人たちが購入するんです。
これには、正直、驚きです。
時々、壁屋にお邪魔するのは、顧客データ取りです。

もう少し年齢層が下がって欲しいなあ。
と毎度思っていますが、それは無理ですよね。

とにかく最低線が2500円ですが、これを下回る月が、そろそろ出そうです。
(ヤバイかも)

左のサイドバーの壁屋画像を新しくしました。
(あまり意味が無いと思いますが、何となく行ったら更新)

タブレットで撮影しているのですが、PCとBluetoothで繋いでみると、
以外に転送が早いみたいです。
ちなみに私のタブレットSIMが入っていません。
完全なデジカメと化しております。
家ではyoutube見るのに使っていますが…。

そう言えば、小田原駅って、無料Wi-Fiがあるみたいなので、
次回は繋いでみます。
(でも地下だから無理かな)
あまりこういう機器にのめり込むと危機になりそう(ハマりそう)なので
避けていますが、基本スマホではなくガラケーです。
ガラケーの人間工学に基づいた操作性が好きです。

現在のガラケーは、見かけ上のガラケーで、以前のノキアのソフトではなく、
多分、アンドロイドでガラケーを模写している感じですね。
基本OSが(ガラケーの)消滅したみたいですから。
これも時代の流れか、そう思っていますが、スマホの必要性を感じません。

ちなみにこのブログも95%以上の人がPCです。
ちょっと驚きですね。


posted by 空色 零 at 00:45| Comment(0) | Vottacrino | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

朝からの接続不良

今日はseesaaはお休みかな?
ずっと接続できませんでした。
夕方、やっと接続できました。

サイバーテロ???

だいたい、接続不良の原因は、サイトをいじって失敗が多いようです。

お休みもいいかな?と感じています。

怒る人も多いようですが、私は呆れるほうです。
posted by 空色 零 at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする