2017年11月18日

Vottacrino新作『エスニカル・ワン』VT-101117-04

DSCN0822.jpg
イメージは、ミクロネシアやバリ島です。
行ったことが無いので、あくまでもイメージです。

とにかく、ジャスパーはエスニック系かな。
そんな感じのノリで作った壁屋用作品です。

茶色、赤茶、青、信号機のようですが、エスニック基本色?です。
シルバー色の金属パーツはアクセントです。

イメージが貧困なので、こんなものしか作れませんでした。


では、その貧困なイメージの作品を動画で見て見ましょう!!

良く現地の人が着けていそうな作品です。
あくまでもイメージなので…。

とにかく、何事もイメージが大事ですよね。

といっても貧困なイメージです。
天然石の不思議な模様をお楽しみください。
posted by 空色 零 at 16:40| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン・ゴジラ、やっとVTR見終わりました。

録画して、あとから見る。
早送り、見ないものもある。

シン・ゴジラ、色々とネットで出ていたので、やっと拝見しました。

評価?
娯楽映画としては、意外に面白かったです。
酷評の意味が分からない。

エヴァ風ゴジラ、いや、ゴジラでエヴァの再現。
何れにしても、エヴァとほぼ同じですね。
安心して拝見しました。

カット割り等、初期のエヴァそっくり。
監督の頭の中には、エヴァが固定されているんですね。

これは強みでもあり、弱みでもある。
それに石原さとみの高演技に驚きです。
実は彼女、CMでしか見ていませんが、流石にCMの方がきれいです。

しかし、これはエヴァの実写版が作られたら、
ミサト役ができそう。
と私は感心しました。

炎の中のゴジラ、
エヴァでも暴走するシーンとか、似ています。
(というか同じようにみえました)
自衛隊ヘリとの闘いは、最初の使徒の航空機に似ています。
とにかく、エヴァ風のゴジラ=シン・ゴジラだと私は思っています。

近年の日本特撮映画の中では、最高傑作ではないでしょうか。

また、予言として、しばらくして人気が出る作品です。
意味不明が解けてくるからです。

小田原に住む私としては、箱根の登場を期待したのですが…。
庵野監督はアニメのトップをねらえ、
エヴァンゲリオンと箱根を出しているので、
今回も箱根を期待していましたが、箱根好きでは無かったようです。

この映画の人気が出るには、もう少し露出し、(何度も放送)
皆さんの中に入り込まなければなりません。
人気が出るか、どうかは、この露出にかかっていると考えてもいいでしょう。

シン・ゴジラの私の感想ですから、皆さんとは意見が違うのは当たりまえです。
同じ意見だったら、この世界は必要ないですからね。

駄作と捉えるか、面白いと思うか、それはあなた次第なのです。
音楽が好きな人もいれば、勉強が好きな人もいる。
そうやって、世界は作られているんだなあ、と実感したりしました。

とにかく、私的には面白かったです。
posted by 空色 零 at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

Vottacrino新作『フローラ』

DSCN0824.jpg
色々な天然石を使って、インスピレーションに従って作った作品です。
イメージは私の感性。
ただ感性のままの作品。
手法は、手元にあった天然石。

オンリーワン作品です。

では、勝手に作った作品を動画で確認しましょう!!

ゼブラ調のグリーンは、ロシア産アマゾナイト。
追跡できないような天然石ばかりです。

何故か、西洋の神聖系の曲がお気に入りです。
きっと、本人が邪悪なものの生まれ変わりだからでしょうか?
それとも、神のご加護を受けた人間だからでしょうか?
人間はどちらにもなれるニュートラル属性の存在なのです。
posted by 空色 零 at 11:43| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

Vottacrino新作『B級レッドジャスパー』

DSCN0827.jpg
ただのレッドジャスパーのブレスです。
実は以前からレッドジャスパーを持っていますが、
日本での購入は、上物でしょうか、赤茶色一色です。

しかし、ご覧の通り、ベージュや黒の色彩が入った天然感あふれるもの。
このままで十分魅力的なので、ブレスにしました。

ご存知のようにジャスパーは水晶系(石英質)の石です。
透明な水晶が、こんなに…。汚れてしまった。
汚れたのではなく進化なのです。

この素材は香港直輸入。
日本では、安価なこともあって、B級品は商売になりませんから、
見掛けません。
だったら、探すだけ。
私は馴染みの香港のお店に注文しました。

色々なお店があるので、インチキもあるでしょうが、
私の知っているここは、もう5~6年ほどの付き合いです。
日本のサイトとの違いは、たくさん頼むと送料が多くなる。

日本では、たくさん頼むと送料がタダですよね。
ところが、輸入なので逆です。
関税も掛かる場合もあります。
結果、日本より高い事もしばしば…。

しかし、日本のバイヤー(お店)では売っても儲からないもの、
レアものがある訳です。

私の場合、金額ベースですと日本9、香港1ですが、
重量ベースですと日本7、香港3です。
とにかく、欲しい素材は、手に入れたいものです。

残念と言うか、貧乏性というか、あまり高価なものには興味がありません。
例えば1粒4万5千円のラリマーなど。
購入するには、相当の犠牲(代価)を払わなければいけませんね。
興味が無いというよりも、買えないのかもしれませんが(笑)

では、そのB級グルメ、いやB級レッドジャスパーを動画で確認しましょう!

よく見ると、石英の透明部分があります。
水晶系(石英質)の石の証拠でもあります。

水晶だけのものもいいですが、ジャスパーだけのものもいいです。

また、好みは常に変化します。
だから「一生、愛します」とかは信じません。
まったく、へそ曲がりですね。
いやいや、事実を言ったまでですよ。

ラベル:ジャスパー
posted by 空色 零 at 12:00| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

Vottacrino新作『風景画』

DSCN0821.jpg
フロスト加工されたピカソジャスパーと水晶の壁屋用作品です。
ピカソジャスパーは絵画のような模様が魅力的。
その魅力をフロスト加工が、かさ上げしています。

艶消しと反対のキラメキを水晶のボタンカットで入れました。
スパイスですね。

私としては、この色彩が好きです。
模様もステキ、天然の芸術と言う感じです。
ずっと見ていても飽きがきませんね。

しかし、全体的には地味です。
秋色、茶色系ですから、どうしても地味。
10代、20代、30代にはキツかもです。

では、その地味な作品を動画で確認しましょう!!

オトナイロの色彩です。

色々作っていますが、終わりが見えない趣味です。
それは素材が、次々と現れるからです。

無限に現れる素材がある限り、続けられる趣味です。
posted by 空色 零 at 22:26| Comment(0) | ブレスレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする